05 読んだ本

2012年1月21日 (土)

ブクレコを使ってみることにした

私が読んだ本はヒントをメモしてほとんど捨ててしまっていた。
古本屋に売るのも面倒。
でも、本を捨てるっていうのは勇気がいる。
本の神様に怒られそうだが、「捨てる勇気」がないと片付かない。

この1年ほど、iPhoneやandroidやipadとモバイルツール漬けになってしまって
読書量が激減してしまった。
それで、これはいかんと2012年からは多読に挑戦することにした。

ところで、そうなるとたくさんの本の感想をこのブログに書きこまなければならない。(読めればの話だが)

なんとなく面倒だなと思っていたら「ブクレコ」(http://www.bookreco.jp/)というサービスがあることを知った。無料である。
早速、試してみた。

読んだ本やこれから読みたい本などを登録しておくことができる。
もちろんレビューも書き残せる。アマゾンで注文することも可能だ。
とりあえず10数冊登録してみた。簡単に登録できる。

facebookやtwitterなどと連携することもできる。

ま、いいんじゃないかな。
少々軽いノリだが始めることにした。

なので、このブログでの本の登録は止めることにする。
リンクだけは貼っとくか。




2011年11月 7日 (月)

ガー・レイノルズの本を借りてきた

ここ最近、固い知識ばかり頭に詰め込んできたので気分一新することにした。
中之島図書館で借りてきた本は「プレゼンテーションZEN デザイン」という本。
ガー・レイノルズの本だ。

サブタイトルに「あなたのプレゼンを強化するデザインの原則とテクニック」と書いてある。
パラっと読んでみた。

「本書はどのような読者を対象としているのか?」

すると、こう書いてある。

この本は専門的な訓練を受けたデザイナーを対象にしたものではない。
本書はデザイナー以外のあらゆるプロフェッショナルー教師、ビジネスマン、企業の幹部、さらには学生たちーのためにかかれたものだ。

おお、それだったら私も対象に入る。
面白そうだ。

これはじっくりと読まないといけない本だと思った。

私はいつも本との出会いに不思議な縁を感じる。
なぜ、この時期にこの本を読むことになったのかと思うのである。
すると、周辺にその知識が必要な事象があることに気付く。
私が今、一番に必要とするのはアプリケーションの優れたインターフェイスデザインなのだ。

無意識に自分自身がそういう本を探しているのかもしれない。

まあ、そう深刻に考えずにリラックスして読むことにしよう。

2011年7月17日 (日)

今日は死ぬのにもってこいの日

たまにはのんびり読書もいいかな。

-------------------------------------
[No     ] 74
-------------------------------------
[書籍名 ] 今日は死ぬのにもってこいの日
-------------------------------------
[著者名 ] ナンシーウッド
-------------------------------------
[出版日 ] 1995年9月
-------------------------------------
[出版社 ] めるくまーる
-------------------------------------
[価格   ] \1700
-------------------------------------
[開始日 ]
-------------------------------------
[紹介   ]
いつかどこかでまた会おう」。大地に根ざして年を重ねたインディアンたちの大らかで、重みのある言葉。
-------------------------------------
[メモ   ]
最初にタイトルを見て驚いたが、内容は過激でもなんでもない。
ネイティブインデアンの言葉集。それもすべて詩。
すべての物に神が宿り、感謝する。
日本古来の精神にも似た哲学に触れた気がする。
どのページから読んでも読み始めることができる。
たまにはこういう書物もよい。

2011年6月24日 (金)

ピーターの法則

今度は方向を変えて、世の中の法則を考えてみよう。
えっ、いきなり。この本?
-------------------------------------
[No     ] 73
-------------------------------------
[書籍名 ] ピーターの法則
-------------------------------------
[著者名 ] ローレンス・J.ピーター
-------------------------------------
[出版日 ] 2003年12月
-------------------------------------
[出版社 ] ダイヤモンド社
-------------------------------------
[価格   ] \1400
-------------------------------------
[開始日 ]
-------------------------------------
[紹介   ]
隠された真実を身もふたもなく暴く社会学の奇書にして、組織で生き残るための知恵を説く人生のバイブル。「ピーターの法則」ほど鋭い法則はない! 70年刊の古典的名著の新訳。
-------------------------------------
[メモ   ]
なるほどね。そう指摘されればそうだ。
周囲は無能な人間だらけ。そして、自分もその宿命からは逃れられない。
いつまでも成長したいという人間の気持ちとは別に、求められた能力が伸ばせないという限界もあるのかも。
「能あるタカは爪を隠す」という古語を思い出したが見当違いか。

自分が無能であると認めるのはつらいことだ。
しかし、誰も避けて通れないとなると心構えも違ってくるな。

今の自分の環境を改めて考えてみるよいチャンスをもらった。

2011年6月21日 (火)

一本釣り渡世

たまには変わったジャンルの本を読んでみようと自伝を選んでみました。
引き込まれるように読んでしまいました。
---------------------------------------------------------------------
[No     ] 72
---------------------------------------------------------------------
[書籍名 ] 一本釣り渡世
---------------------------------------------------------------------
[著者名 ] 石橋宗吉
---------------------------------------------------------------------
[出版日 ] 1996年2月
---------------------------------------------------------------------
[出版社 ] 筑摩書房
---------------------------------------------------------------------
[価格   ] \1748
---------------------------------------------------------------------
[開始日 ]
---------------------------------------------------------------------
[目次   ]
一本釣りの神様と呼ばれた天才漁師、石橋宗吉の初の自伝。
---------------------------------------------------------------------
[メモ   ]
なんでも極めた人の話というのは引き込まれるものがある。
好奇心って大事だ。探究心かな。
あきらめずに工夫するところに進化がある。

2011年6月15日 (水)

フェルマーの最終定理

難問。フェルマーの最終定理を解くまでの数学者の物語。なかなか熱い。
---------------------------------------------------------------------
[No     ] 71
---------------------------------------------------------------------
[書籍名 ] フェルマーの最終定理
---------------------------------------------------------------------
[著者名 ] サイモン・シン
---------------------------------------------------------------------
[出版日 ] 2006.6
---------------------------------------------------------------------
[出版社 ] 新潮文庫
---------------------------------------------------------------------
[価格   ] \781
---------------------------------------------------------------------
[開始日 ] 2011.6.6-6.9
---------------------------------------------------------------------
[目次   ] 記録せず
---------------------------------------------------------------------
[メモ   ]
数学なんて受験勉強以外に関わることがなかった。
ふとしたことで、読むことになった。
これがなかなか面白い。
数学者フェルマーが本の余白に書き残した問題。
3百年もの間、誰にも解けなかった難問を解くまでの数学者の挑戦ストーリが熱い。
久々に読み入ってしまった。

2011年5月12日 (木)

なぜか「仕事がうまくいく人」の習慣

ライフハック本が大好きな私。
ブックオフで見つけたので買ってしまった。
いつも思うのだが、知ってる内容が多いが、全体の5%くらいは知らないことがある。
いいなと思うところはすぐに取り入れている。
しかし、自分に合う合わないがあるのかして、歩留まりはそのうちの10%くらいになってしまう。
これじゃあ、タイトルとあわないな。
---------------------------------------------------------------------
[No     ] 70
---------------------------------------------------------------------
[書籍名 ] なぜか「仕事がうまくいく人」の習慣
---------------------------------------------------------------------
[著者名 ] ケリー・グリーソン松尾 睦
---------------------------------------------------------------------
[出版日 ] 2001年3月
---------------------------------------------------------------------
[出版社 ] PHP研究所
---------------------------------------------------------------------
[価格   ] \1350
---------------------------------------------------------------------
[開始日 ]
---------------------------------------------------------------------
[目次   ]
 第一章 すぐにやる!
 第二章 すぐに整理する
 第三章 機械的に行う作業を決める
 第四章 すぐに計画する
 第五章 再確認と仕上げ
 第六章 すぐに正しくやる
 第七章 歩きまわりコミュニケーション
  第八章 すぐに整備をする
---------------------------------------------------------------------
[メモ   ]
いわゆるライフハックの本。
この手の本はかなり読んでいる。概ね納得した。
「すぐにやる」を実践してみよう。
メールのフォルダは、7つから3つに変更してみた。
後回しにしないようにすぐに処理するように心がけてみよう。

とにかく、ライフハック本はすぐに実践してみることが大切だ。
この中から自分に合ったものを身につけばよい。

2001年と少し古いが内容は十分納得できるものであるから読んで損はない。

#b1w0006

2011年5月 9日 (月)

経験からの学習

モバイルツールの活用についてあれこれ考えている。
以前から、経験をデザインするような仕組みをITで提供できないだろうかと考えている。
そんなとき、この本を紹介するポッドキャストを聞いたので早速読んでみた。
---------------------------------------------------------------------
[No     ] 69
---------------------------------------------------------------------
[書籍名 ] 経験からの学習
---------------------------------------------------------------------
[著者名 ] 松尾 睦
---------------------------------------------------------------------
[出版日 ] 2006年6月
---------------------------------------------------------------------
[出版社 ] 同文館
---------------------------------------------------------------------
[価格   ] \3200
---------------------------------------------------------------------
[開始日 ]
---------------------------------------------------------------------
[目次   ]
第一部 先行研究の整理
 第一章 熟達化の理論的研究
 第二章 経験の実践的研究
第二部 経験学習プロセスの分析
 第三章 10年ルールの検証
 第四章 学習を促す経験
 第五章 学習を方向づける信念
 第六章 学習を支える組織
第三部 結論
 第七章 理論的・実践的な示唆
---------------------------------------------------------------------
[メモ   ]
モバイルをどのように活用するかを考えているところ。
以前から、経験をデザインできるようなモバイルツールを
開発したいと思っている。
この本には、営業マンやITコーディネーターの経験による学習に関する
興味深い研究成果が書かれてある。

情報を与えすぎると「学ぶ力」を阻害する可能性があるというのだ。
インターネットを利用した検索はとても便利で有用だが、あまりこれに頼りすぎると
自分の頭で解決策を考えることが少なくなってしまう。
知識共有のジレンマ(松尾 2004)と呼ばれるこの現象は、
私が以前から漠然とではあるが感じていたことと一致する。
自分の頭で考えさせて、かつ、ITを活用させるにはどうしたらよいか。
本では「良質な経験」を積ませることであると書いてある。
しかし、時代の変化とともに良質な経験を積む機会が減少しているのも事実である。

このあたりを考慮した仕組みつくりを考えてみたい。
再読したい本である。

#b1w0005

2011年5月 7日 (土)

ファーストクラスに乗る人のシンプルな習慣

ぶらっとbookoffに寄ってみた。
2、3冊適当に選んでみた。
---------------------------------------------------------------------
[No     ] 68
---------------------------------------------------------------------
[書籍名 ] ファーストクラスに乗る人のシンプルな習慣
---------------------------------------------------------------------
[著者名 ] 美月あきこ
---------------------------------------------------------------------
[出版日 ] 2009年12月
---------------------------------------------------------------------
[出版社 ] 祥伝社
---------------------------------------------------------------------
[価格   ] \1400
---------------------------------------------------------------------
[開始日 ]
---------------------------------------------------------------------
[目次   ]
1 ファーストクラスとそのお客様はここが違う!
2 ファーストクラスのお客様の「習慣」をまねる
3 ファーストクラスのお客様の話し方・聞き方をビジネスに生かす。
4 ファーストクラスのお客様は見た目が違う。
5 ファーストクラスのお客様の発想を学び、私が考えたこと。
6一般のビジネスにも役に立つCAのスキル
---------------------------------------------------------------------
[メモ   ]
ふーんと思ったのは全体の5%くらい。
ファーストクラスの人たちがどんなふうに飛行機内にいるのか興味をもって
この本を読んでみたが少し期待外れだった。
私のアイデア発想法(9マス)は参考になった。

2011年4月14日 (木)

67 日本でいちばん社員満足度が高い会社の非常識な働き方

67 日本でいちばん社員満足度が高い会社の非常識な働き方
---------------------------------------------------------------------
[No     ] 67
---------------------------------------------------------------------
[書籍名 ] 日本でいちばん社員満足度が高い会社の非常識な働き方
---------------------------------------------------------------------
[著者名 ] 山本敏彦
---------------------------------------------------------------------
[出版日 ] 2010年12月
---------------------------------------------------------------------
[出版社 ] ソフトバンククリエイティブ
---------------------------------------------------------------------
[価格   ] \1400
---------------------------------------------------------------------
[開始日 ]
---------------------------------------------------------------------
[目次   ]
1 「社員第一主義」の非常識な働き方
2 社員の満足度がアップする非常識な制度
3 小さな会社が成功するための非常識な戦略
4 小さな会社の利益を増やす3つのIT戦略
5 モチベーションと利益が劇的に高まるITツール活用法
---------------------------------------------------------------------
[メモ   ]
参考になった。ノートーク制度なんて実感する。
ITツールの活用は知ってることも多かったが、中小企業にとっては
大変役に立つノウハウである。

より以前の記事一覧