« ペンタブレット | トップページ | PowerXKoolMoves6 »

2008年5月19日 (月)

デュアルブートで大変な目に

普段なにかとLinuxなどを試す機会が多い。

で、最近話題のubuntuという1CDで使えるリナックスをいろいろ試している。
(1CDというのは、たったCD1枚でパソコンが起動してOSが使えるという意味。)

私の感想では、ubuntuはいままでのLinuxより親切な感じがする。
画面もシンプルだし、勝手にインターネットの設定もやってくれるし使いやすい。
メールやオフイス2003みたいなツールなどもフリーのopenoffice.orgというソフトが標準で付いている。
全部、フリーなのでタダ。

でも、日頃はWindouに慣れてるので、このubuntuを使いこなすにはしばらく時間がかかりそう。

CDから起動して使うとインターネットからファイルなどをダウンロードしたりするので、少々遅い。
じゃあ、ということで、このCDにはWindowと共存できるようにハードにインストールできるようになっている。
パソコンの電源を入れたときに、「Windows」か「ubuntu」か、どちらを使いますかと聞いてくれる。どちらかを選択すれば、そのままそのOSが起動する。(これがデュアルブートという方式)

せっかくだから、一度試してみようと、私のXPマシンにインストールしてみた。

とりあえず、成功。ただ、ジッとCDのいうとおりに指定して待っているだけ。

実に簡単。おっ、ubuntuが動くぞ。(当たり前か)

いろいろ試してみたりして使うこと30分。

じゃあということで、電源を入れ直してみると、なかなか先に進まない?

ようやく起動画面にたどり着いてから、XPを選択しても起動しないのである。

顔が真っ青になった。

なにせ、仕事上のデータがたくさんある。もちろんバックアップはとっているけど...。

記憶の限りのトラブル経験を思い出して、3時間。

ようやくそれらしい原因がわかった。

なんと、外付けハードディスクが原因だった。

ubuntuを使った後に、すぐに再起動したときに、この外付けハードディスクはどういう理由でか、そのものがフリーズしているのである。
見た目は普通に電源が点灯しているし、ハードの音もしている。
以前にも似たような経験があったので、外付けハードディスクのUSBを抜いて、電源をオフにしてから、再度、USBを挿してから電源をオン。

これで無事にOSが起動することになった。
ubuntuにマウントしておけばこんなことにはならないのかもしれない。

しかし、今は原因を究明している時間が惜しい。

だから、デュアルブートは解消することにした。

そこで、ハマった。

デュアルブートのやり方は、ネットにたくさん出ているのに、解消の仕方はあまり出ていない。
ヘタするとWindowsまでも起動しなくなってしまう。

そこから、2時間。悪銭苦闘して、なんとかデュアルブートを解消した。

せっかくなのでその手順を記録しておく。

[1] XPのCDを用意する。(C:にi386フォルダがあるなら、なくてもよいかもしれない)
[2] PCが起動しているときに、XPのCDを入れる。
[3] スタートボタン->ファイル名を指定して実行
[4] E:\I386\WINNT32.EXE /cmdcons と指定する。(私のPCでは、CDのドライブはE)
[5] これで「回復コンソール」がパソコンにインストールされる。
[6] 次にパソコンを再起動する。
[7] 最初の画面に、XPとubuntu、それに回復ツールの3つのメニューが表示される。
[8] 「回復ツール」をカーソルで選択してエンターKeyを押す。
[9] すると、キーボードの指定などを聞いてくるので、日本語キーボードを選択する。
     (私はUS配列のキーボードを使っているけどこの場合はなんでもよい)
[10] 次の画面でアクセスしたいOSは何かと聞いてくる。
      1.C:\Windows というような感じ。
[11] そこで、1を選択する。他にないので。
[12] 次にパスワードを聞いてくる。これは、アドミストレーターのパスワードである。
   設定していなければそのまま。
[13] C:\Window > というようなプロンプトが表示されるので、fixmbrと入力してエンターKey。
[14] ここで警告がでる。確認されるのでyと押す。
[15] すると、正しくmbrに書き込みされました云々のメッセージがでる。
[16] exitと入力して、回復コンソールから抜ける。
[17] 再びメニューに戻り、XPを選択して起動する。
[18] プログラムの追加と削除を選んでubuntuを削除する。
[19] PCを再起動する。
[20] すると、成功していたら、通常のXPと回復ツールの二つを選択する画面になっている。
[21] 再びXPを起動して、こんどは「回復ツール」を削除する。
      「回復ツールの削除」は非常にデリケートなやり方なので、ここでは記述しない。
   ヘルプから「回復ツールの削除」として検索すると詳細なやり方が書いてある。
[22] 再びPCを再起動する。
[23] メニューを表示せず、通常通り起動したら成功。

やれやれ。大変な作業だった。

デュアルブートは、上級者が扱うモードだ。
確かに便利だし、気が利いている。

でも、元に戻すのはある程度の専門知識がないとむずかしい。

ubuntuは当面はCDで起動するか。
それとも、古いノートパソコンにクリーンインストールして使うという手もある。















« ペンタブレット | トップページ | PowerXKoolMoves6 »

00 INBOX」カテゴリの記事