« 333を超えるとパフォーマンスは落ちる | トップページ | 日付処理の整理 »

2008年9月 3日 (水)

なにげない操作

先日、WEBに関する技術指導に行ったときのこと。

話がPhotoShopのことになった。
ネットショップにかける商品画像の処理についてたくさんの質問を受けた。
レベル補正。トーンカーブ。アンシャープマスクなど。

中小企業のオーナーと若手社員の二人という組み合わせ。
独学ながらも、けっこう使いこなしている。

実際に画面の操作するところを見せてもらいながら、レタッチなどの効果的な
処理方法などについて指導する。

大量の画像を効率よく処理したいので、自動処理まで行っている。

へえー、けっこうやるなあ。
と、感心していたら、

登録しているアクションの一つひとつがちょっと変なのに気がついた。

それぞれのアクションは、不思議でもなんでもないのだが、つながりがおかしいのである。

画像を切り抜く。
新しい背景にコピーする。
レベルを補正する。
トーンカーブを補正する。
スマートシャープをかける。

こんな感じだ。
でも、よく考えると画像補整などは、直接補正するのではなくて調整レイヤーにして
補正するのが一般的。

聞いてみると、いろいろな人にテクニックを教わったので、その都度、アクションにして
登録してきたんだそうな。
それらのアクションの積み重ねた自動処理はノウハウの集積...。

疑うべくもなく現在に至った。
たくさんのアクションを自動処理させるのだが、途中で新しい画像を作成してから
コピーするという操作が入っているために、自動処理が中断してしまう。

結果的に、手作業を入れるハメになってしまっているのだ。

「トリミング」操作ひとつにしても、「ツールセット」の方法を知らないがために
X値とY値を手入力していたそうだ。

これらのなにげない操作の効率化を教えてあげたらとても喜んでいただけた。

人に教わるでもないような「なにげない操作」でも、効率的な操作を積み重ねると
大きな効果を生む。

高機能なソフトは確かに高機能なんだが、手順の組み合わせによっては非効率な
作業を生んでしまう。

参考になったので記録。



« 333を超えるとパフォーマンスは落ちる | トップページ | 日付処理の整理 »

03 アプリケーション」カテゴリの記事