« No.1 手帳はDAIGOのメモ専科を使う | トップページ | 化粧品をどう売るか »

2008年12月 2日 (火)

No.2 手帳の筆記具はカランダッシュを使う

愛用する手帳に必要な筆記具。

シャープペンシルやボールペン。
サイズを第一優先にしている。

現在利用しているのはカランダッシュのシャープペンシル。
DAIGOの手帳サイズにピッタリだから。

しかし、どうしても黒や赤のボールペンが必要な時がある。
そこで、いろいろ試してここ数年使っているのが三菱ボールペンEXCEED 0.38
0.38という細さなのに実に滑らかに書ける。驚きだ。
狭い手帳にびっしりと記入することができる。

ところが、替芯がどこにいってもないのだ。もう、生産していないのかもしれない。
インターネットでも見かけない。とても残念である。
今度見かけたら買いだめするだろう。

このボールペンも長さが手帳にピッタリとする長さ。
そこで、もう一本買うことにした。今度はパイロットの2色ボールペン。
太さは0.5mだが、書き味は悪くない。

カランダッシュはシャープペンシルの他にもボールペンも持っている。
六角形の形が手によくあう。私の手は小さいのであうのかもしれない。

ただし、芯の大きさは0.7ミリである。2Bを使っている。
本当はもう少し細い方がよいのだが、私は力を込めて書くので、芯が細いと折れることが多くていらいらする。
だから、0.7ミリでちょうどよい。

筆記具は凝ったことがあるが、最近は落ち着いていて、新しいものは買い求めていない。

でも、次のような筆記具があったら買うかもしれない。

手帳サイズのボールペンで黒一色でかまわない。ただし、ひねるとミニ蛍光マーカーが出てきてサッとマークできる。ノック式でもよい。
本を読んでいて、チェックしたいところにサッとマーカーで目印をつけたい。

私は、本の余白には思いついたことなどをどんどん書き込んでいる。
そのタイミングで蛍光マーカーを用意するのが面倒だ。
蛍光マーカーはそんなに太くなくてかまわない。

手帳サイズの蛍光マーカー付のスタイリッシュなボールペン。

あればいいのに。

« No.1 手帳はDAIGOのメモ専科を使う | トップページ | 化粧品をどう売るか »

02 ライフハック」カテゴリの記事

コメント

お探しのペンにLAMYの「PICK UP」があります。
スタイリッシュかどうかは微妙ですが。

ダイゴーのメモ専科の記事参考になりました、ありがとうございます。
ご要望のボールペンに「Bic ブリーフィング」というものがあります。
http://k-tai.impress.co.jp/cda/article/todays_goods/30995.html
http://bundoki.com/?pid=994147

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514829/43303991

この記事へのトラックバック一覧です: No.2 手帳の筆記具はカランダッシュを使う:

« No.1 手帳はDAIGOのメモ専科を使う | トップページ | 化粧品をどう売るか »