« iPadの入力は両手の人差し指の入力 | トップページ | No.07 ヘッドフォンはBOSE クワイアットコンフォート3を使う »

2010年9月24日 (金)

iPadにはスタイラスペンの代わりにカランダッシュを使う

iPadにNotes Plusなるアプリを入れた。¥600円なり。
テキスト入力とイラストが入力できる。
イラストを描くときには、指でなぞるよりペンのようなツールが使い勝手がよい。
iPadでペンを使うにはタブレットのペンではなく、静電気を通すような特殊なペンでないと反応しない。
これをスタイラスペンと呼ぶ。市販されているのだが、ネット上では自作が話題となっている。

導電スポンジをペン先につけて使う。安価にできるので人気とか。
私も当初は自作してみようと思ったが面倒だ。
それに、ペンを常に携行するのも面倒。

身近ななもので反応するようなものがないかといろいろ試した。

なんと、私が愛用するカランダッシュのシャーペンのノックする部分で描けた。
反応が悪い場合は、舌にぺろッとつけると感度がよくなることもわかった。

意外な発見である。これでペンも買う必要がない。
ボディが金属で出来ているので電気を通すのだろう。
私の持っているペンは、「カランダッシュ エクリドール タイプ55」消しゴムのキャップの部分がほど良く丸い。

同じくカランダッシュのボールペンでもノックする部分で描けた。
専用のスタイラスペンにはかなわないだろうが十分実用に耐える。

これだとペンを余分に持つ必要はない。

« iPadの入力は両手の人差し指の入力 | トップページ | No.07 ヘッドフォンはBOSE クワイアットコンフォート3を使う »

02 ライフハック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514829/49547393

この記事へのトラックバック一覧です: iPadにはスタイラスペンの代わりにカランダッシュを使う:

« iPadの入力は両手の人差し指の入力 | トップページ | No.07 ヘッドフォンはBOSE クワイアットコンフォート3を使う »