« 司馬遼太郎が語る(第1集 建築に観る日本文化) | トップページ | 司馬遼太郎が語る(第3集 草原からのメッセージ) »

2010年11月17日 (水)

司馬遼太郎が語る(第2集 歴史小説家の視点)

---------------------------------------------------------------------
[No     ] 10
---------------------------------------------------------------------
[書籍名 ] 司馬遼太郎が語る(第2集 歴史小説家の視点)
---------------------------------------------------------------------
[著者名 ] 司馬遼太郎 
---------------------------------------------------------------------
[出版日 ] 2005年8月
---------------------------------------------------------------------
[出版社 ] 新潮社(発行) 59分
---------------------------------------------------------------------
[価格   ] 2,000円
---------------------------------------------------------------------
[開始日 ] 2010/09/24->9/26
---------------------------------------------------------------------
[目次   ]
01 歴史的事実からこぼれ落ちるもの
02 歴史小説家の歴史の見方
03 鎌倉時代になぜ彫刻が流行ったか
04 武士が興した無教養の時代
05 幕末期の事実からわかること
06 道徳で死ねた時代
07 経済感覚に優れた幕末の先覚者
---------------------------------------------------------------------
[メモ   ]
私も歴史小説家の気持ちで歴史を勉強しなおそうかな。
鎌倉時代って、けっこう面白そうだ。
今になって、歴史の面白さが少しではあるがわかるようになってきた。

« 司馬遼太郎が語る(第1集 建築に観る日本文化) | トップページ | 司馬遼太郎が語る(第3集 草原からのメッセージ) »

05 読んだ本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514829/50052703

この記事へのトラックバック一覧です: 司馬遼太郎が語る(第2集 歴史小説家の視点):

« 司馬遼太郎が語る(第1集 建築に観る日本文化) | トップページ | 司馬遼太郎が語る(第3集 草原からのメッセージ) »