« 小林秀雄 講演集(随想二題) | トップページ | 小林秀雄 講演集4巻(現代思想について) »

2010年11月 4日 (木)

小林秀雄 講演集2巻(信ずることと考えること)

---------------------------------------------------------------------
[No     ] 7
---------------------------------------------------------------------
[書籍名 ] 小林秀雄 講演集2巻(信ずることと考えること)
---------------------------------------------------------------------
[著者名 ] 小林秀雄 
---------------------------------------------------------------------
[出版日 ] 2004年1月(1974年8月収録、鹿児島県霧島 夏季学生合宿教室)
---------------------------------------------------------------------
[出版社 ] 新潮社(発行)
---------------------------------------------------------------------
[価格   ] 4,000円
---------------------------------------------------------------------
[開始日 ] 2010/09/21->9/22
---------------------------------------------------------------------
[目次   ]
●CD-1
01ユリ・ゲラーの念力
02ベルグソンの哲学
03近代科学の方法(エラーのため聞けず)
04魂について
05文学者・柳田国男
●CD-2
01信じることと知ること
02なぜ徒党を組むのか
03質問の仕方
04「考える」ということ
05日本の神道
06親と子
07歴史は鏡
08感受性は育つ
---------------------------------------------------------------------
[メモ   ]
君はどうしてその質問をしたのかね?
それは聞くべきことか、それとも自分で考えることかを知った上での質問かね。
質問をするってことは、その時点で問題点がはっきりしてるってことだ。

というような内容の学生との問答があった。
私も人に質問するときは、よく考えてから質問するようにしたい。
人に聞くべきことか、それとも自分で考えることか。

最近、インターネットやiPhoneに時間を取られて、「考える」ことをおろそかに
しがちだ。猛省。
---------------------------------------------------------------------

« 小林秀雄 講演集(随想二題) | トップページ | 小林秀雄 講演集4巻(現代思想について) »

05 読んだ本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514829/49937637

この記事へのトラックバック一覧です: 小林秀雄 講演集2巻(信ずることと考えること):

« 小林秀雄 講演集(随想二題) | トップページ | 小林秀雄 講演集4巻(現代思想について) »