« 司馬遼太郎が語る(第2集 歴史小説家の視点) | トップページ | 司馬遼太郎が語る(第4集 文章日本語の成立) »

2010年11月18日 (木)

司馬遼太郎が語る(第3集 草原からのメッセージ)

---------------------------------------------------------------------
[No     ] 11
---------------------------------------------------------------------
[書籍名 ] 司馬遼太郎が語る(第3集 草原からのメッセージ)
---------------------------------------------------------------------
[著者名 ] 司馬遼太郎 
---------------------------------------------------------------------
[出版日 ] 2005年9月
---------------------------------------------------------------------
[出版社 ] 新潮社(発行) 64分
---------------------------------------------------------------------
[価格   ] 2,000円
---------------------------------------------------------------------
[開始日 ] 2010/09/24->9/27
---------------------------------------------------------------------
[目次   ]
01 日本人はどこから来たか
02 ジンギス汗とタタールについて
03 タタールの栄枯盛衰
04 日本に渡った或るタタールの話
05 ヘロドトスと司馬遷が書き記したスキタイと匈奴
06 「遊牧」は自然と共存する文明
---------------------------------------------------------------------
[メモ   ]
タタールってそういう意味やってんや。
学生のころの歴史で、ちらって見ただけ。
あのころに、この話をいっしょに聞きたかったなあ。

« 司馬遼太郎が語る(第2集 歴史小説家の視点) | トップページ | 司馬遼太郎が語る(第4集 文章日本語の成立) »

05 読んだ本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514829/50066739

この記事へのトラックバック一覧です: 司馬遼太郎が語る(第3集 草原からのメッセージ):

« 司馬遼太郎が語る(第2集 歴史小説家の視点) | トップページ | 司馬遼太郎が語る(第4集 文章日本語の成立) »