« 司馬遼太郎が語る(第3集 草原からのメッセージ) | トップページ | 司馬遼太郎が語る(第5集 日本人と合理主義) »

2010年11月20日 (土)

司馬遼太郎が語る(第4集 文章日本語の成立)

---------------------------------------------------------------------
[No     ] 12
---------------------------------------------------------------------
[書籍名 ] 司馬遼太郎が語る(第4集 文章日本語の成立)
---------------------------------------------------------------------
[著者名 ] 司馬遼太郎 
---------------------------------------------------------------------
[出版日 ] 2005年9月
---------------------------------------------------------------------
[出版社 ] 新潮社(発行) 58分
---------------------------------------------------------------------
[価格   ] 2,000円
---------------------------------------------------------------------
[開始日 ] 2010/09/24->9/28
---------------------------------------------------------------------
[目次   ]
01 共通文章語とは何か
02 時流を描けなかった鏡花の文体
03 幕末期から明治の話し言葉・書き言葉
04 「虞美人草」の文体の新しさ
05 漱石と子規がが果たした役割
06 「おかあさん」は明治の新語
07 逆輸入された美しい日本語
08 音読の文体と黙読の文体
---------------------------------------------------------------------
[メモ   ]
うん、日本語についてあらためて考えさせられた。
もう一度、夏目漱石を読んでみようかな。

« 司馬遼太郎が語る(第3集 草原からのメッセージ) | トップページ | 司馬遼太郎が語る(第5集 日本人と合理主義) »

05 読んだ本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514829/50077347

この記事へのトラックバック一覧です: 司馬遼太郎が語る(第4集 文章日本語の成立):

« 司馬遼太郎が語る(第3集 草原からのメッセージ) | トップページ | 司馬遼太郎が語る(第5集 日本人と合理主義) »