« 司馬遼太郎が語る(第5集 日本人と合理主義) | トップページ | 司馬遼太郎が語る(第8集 医学が変えた近代日本) »

2010年11月24日 (水)

司馬遼太郎が語る(第6集 私ども人類)

---------------------------------------------------------------------
[No     ] 14
---------------------------------------------------------------------
[書籍名 ] 司馬遼太郎が語る(第6集 私ども人類)
---------------------------------------------------------------------
[著者名 ] 司馬遼太郎 
---------------------------------------------------------------------
[出版日 ] 2005年10月
---------------------------------------------------------------------
[出版社 ] 新潮社(発行) 73分24秒
---------------------------------------------------------------------
[価格   ] 2,000円
---------------------------------------------------------------------
[開始日 ] 2010/09/24->9/30
---------------------------------------------------------------------
[目次   ]
01 「人類」を実感できる情報化時代
02 農機具から考える国際関係史
03 鉄器伝来以前の縄文日本
04 中国・朝鮮で鉄の生産が衰退した理由
05 スポンジのような森を持つ「日出る国」
06 鎌倉以降の鉄器の発達と農業生産の拡大
07 ”文化人”を食わせていける豊かさ
08 鉄の伝来が日本に与えたもの
---------------------------------------------------------------------
[メモ   ]
日本人の農業に対する技術はすごいんやな。
あらためて、日本の農業に対して敬礼。

« 司馬遼太郎が語る(第5集 日本人と合理主義) | トップページ | 司馬遼太郎が語る(第8集 医学が変えた近代日本) »

05 読んだ本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514829/50123212

この記事へのトラックバック一覧です: 司馬遼太郎が語る(第6集 私ども人類):

« 司馬遼太郎が語る(第5集 日本人と合理主義) | トップページ | 司馬遼太郎が語る(第8集 医学が変えた近代日本) »