« 司馬遼太郎が語る(第6集 私ども人類) | トップページ | 養老孟司が語る「わかる」ということ »

2010年11月26日 (金)

司馬遼太郎が語る(第8集 医学が変えた近代日本)

---------------------------------------------------------------------
[No     ] 15
---------------------------------------------------------------------
[書籍名 ] 司馬遼太郎が語る(第8集 医学が変えた近代日本)
---------------------------------------------------------------------
[著者名 ] 司馬遼太郎 
---------------------------------------------------------------------
[出版日 ] 2004年1月
---------------------------------------------------------------------
[出版社 ] 新潮社(発行) 64分57秒
---------------------------------------------------------------------
[価格   ] 2,000円
---------------------------------------------------------------------
[開始日 ] 2010/09/29->10/02
---------------------------------------------------------------------
[目次   ]
01 緒方洪庵と華岡青州の違い
02 西欧流「共有する」文化と日本流「しまい込む」文化
03 病院から始まった民主主義
04 医者を大事にした社会
05 日本に蘭方医学が根付いた理由
06 山脇東洋の合理主義
07 ポンペ、シーボルトが残した功績
---------------------------------------------------------------------
[メモ   ]
当時の医学の状況がよくわかった。
情報が少ない中で、いろいろな努力があったんだなあ。
もう一度、聞いてみよう。

« 司馬遼太郎が語る(第6集 私ども人類) | トップページ | 養老孟司が語る「わかる」ということ »

05 読んだ本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514829/50134179

この記事へのトラックバック一覧です: 司馬遼太郎が語る(第8集 医学が変えた近代日本):

« 司馬遼太郎が語る(第6集 私ども人類) | トップページ | 養老孟司が語る「わかる」ということ »