« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月30日 (火)

Galaxy Tabを購入

仕事の関係で、モバイルだらけの私。
昨日、予約しておいたGalaxy Tabが手許に届いた。

最近、こんなモバイルツールで装備している。

[1] iPhone 3G ←2010年1月から使用
[2] iPad 3G 32Gモデル ←2010年8月から使用
[3] Galaxy S ←2010年11月初旬から使用
[4] Galaxy Tab ←今回届いた。
[5] Xperia ←これはGalaxy Sになった。つまり取替え。
[6] e-Mobile ←wifi
[7] docomo 補助充電アダプタ 02←バッテリー切れに対応
[8] ICレコーダー ←会議などの録音
[9] 携帯電話(仕事用) P-09A
[10] 携帯電話(個人用) P705i
[11] ポメラ←テキスト入力用。普段はあまり持ち歩かない。

これ以外に軽量ノートパソコンが2台。デジカメ。GPS。電子手帳。

一言で表現すると...。めちゃ重い。
モバイルって重い。

別に好きで使用しているわけではなく、業務用としてテストしているだけ。
しかし、Galaxy Tabは予約購入した。

専門的な話は他のサイトを参照してもらうとして。

私の感想。

[1]電話はやっぱり携帯電話が便利。
慣れればスマートフォンでも良いのだろうが、全然慣れない。
雨の日に、片手でカサをさしながらスマートフォンで電話がどうしてもできなかったことがある。理由は簡単。手が小さいのである。それに、落としそうになる。

[2]1日くらいで電池が持たないのはダメ。
iPhone,Xperia,Galaxy Sは、電池が持たないので、予備のバッテリーを持つ必要がある。
それに、充電器を加えると結構かさばる。
また、充電するのに時間がかかる。仕事では使えない。

[3]iPadは資料の閲覧などには便利だが、電車の中などの使用には不向き。
業務用途ならiPad。個人用途ならGalaxy Tabと思う。
両者とも電池の持ちは申し分ない。

[4]USBケーブルがどれがどれの分かわからなくなってくる。
どれもよく似ているが、少しずつ違う。これが意外と煩わしい。

ということで、当面は次のスタイルを検証する。

携帯電話と「Galaxy Tab」のコンビネーションが主流。
仕事場にはiPadを。

Galaxy Tabは、初めて自分に欲しいと思ったツール。
電池の持ちも良いし、サイズも適当だ。
GalaxySも画面も美しいが、tabも同じように美しい。
もちろん、個人アイテムとして持つつもり。

次回からは、Galaxy tabのアプリなどを紹介する予定。



 


ワイン生活 ‐楽しく飲むための200のヒント

たまには気分を変えて、生活を豊かにするような本を読んでみよう。
ということで、ワインの本を読むことにしました。
---------------------------------------------------------------------
[No     ] 17
---------------------------------------------------------------------
[書籍名 ] ワイン生活 ‐楽しく飲むための200のヒント
---------------------------------------------------------------------
[著者名 ] 田崎真也
---------------------------------------------------------------------
[出版日 ] 1996年09月
---------------------------------------------------------------------
[出版社 ] 新潮選書 174ページ
---------------------------------------------------------------------
[価格   ] 980円
---------------------------------------------------------------------
[開始日 ] 2010/09/29->10/02
---------------------------------------------------------------------
[目次   ]
第一部 家庭で楽しむ
Ⅰ.ワインを買いに行く
    1いい店、悪い店
      ワインの品揃えがポイント。千円前後から二千円くらいのワインを各種取揃えているような店は良い
  2ラベルについて
  3失敗しない選び方
  4外見だけでもわかること

Ⅱ.栓を抜く
    1そのまえに、ちょっと
  2抜き方にはコツがある
  3「赤は室温で、白は冷やして」というけれど
  4ワイングラスはなぜ必要か
  5もし澱があったら
  6もし飲み残したら
Ⅲ.保存する
    1瓶は横に寝かせないのが今の常識
  2自宅で保存する場合には

第二部 料理と合わせるコツ
Ⅰ.家庭料理でワインを楽しむ
    1知っておきたい基本的な考え方
  2しょうゆとのあいしょうはどうなのか
  3魚介類に合わせるとしたら
  4肉料理に合わせるとしたら
  5野菜料理に合わせるとしたら
  6鍋料理に合わせるとしたら
  7手持ちのワインに料理を合わせる場合

Ⅱ.レストランでワインを楽しむ
    1「食前酒は」と聞かれたら
  2ワインリストを前にして
  3レストランのワインはなぜ高い
  4デキャンタージュを頼んでも良いのか
  5ホスト・テイスティングとは
  6チーズ、そして食後酒

第三部 知っておきたい基礎知識
Ⅰ.ワインはこうして造られる
    1ワインとはそもそもどんな酒か
  2白・赤・ロゼ、それぞれの作り方
  3熟成に秘密あり
  4辛口と甘口の違いはどこから生まれるか
Ⅱ.味わいの奥は深い
    1色や香りからわかること
  2味わいの構成要素とは
  3味わいの表現は豊かな発想で
  4熟成と飲み頃
---------------------------------------------------------------------
[メモ   ]
とりあえず、近くのスーパーでも買えるような手軽なワインを飲んでみようか。
こないだ飲んだチリワインが美味しかったので、当面はこのワインを重点的に飲んでみることにする。

2010年11月28日 (日)

養老孟司が語る「わかる」ということ

気分を変えて歴史路線から、医学の話をきいてみよう。
---------------------------------------------------------------------
[No     ] 16
---------------------------------------------------------------------
[書籍名 ] 養老孟司が語る「わかる」ということ
---------------------------------------------------------------------
[著者名 ] 養老孟司
---------------------------------------------------------------------
[出版日 ] 2003年10月
---------------------------------------------------------------------
[出版社 ] 新潮社(発行) 85分
---------------------------------------------------------------------
[価格   ] 1,200円
---------------------------------------------------------------------
[開始日 ] 2010/09/29->10/02
---------------------------------------------------------------------
[目次   ]
01 寝ている間は「人生」か?
02 昨日の私と今日の私は別人である
03 頭の中の「リンゴ活動」
04 情報化社会とは私が情報になる社会
05 ”個性的”とはどういうことか?
06 「話せばわかる」とは限らない
07 伝統芸能に見る型と個性
08 地方と都会-参勤交代の勧め
09 大事なのは心と体のバランス
---------------------------------------------------------------------
[メモ   ]
脳医学の専門家なのに医者嫌い?に大笑い。
昨日の私と今日の私は別人という考えかたに思わず納得。
情報過多の現代、心と体のバランスをとることは大切ですね。
半年ほどたったら、もう一度聞こう。

2010年11月26日 (金)

司馬遼太郎が語る(第8集 医学が変えた近代日本)

---------------------------------------------------------------------
[No     ] 15
---------------------------------------------------------------------
[書籍名 ] 司馬遼太郎が語る(第8集 医学が変えた近代日本)
---------------------------------------------------------------------
[著者名 ] 司馬遼太郎 
---------------------------------------------------------------------
[出版日 ] 2004年1月
---------------------------------------------------------------------
[出版社 ] 新潮社(発行) 64分57秒
---------------------------------------------------------------------
[価格   ] 2,000円
---------------------------------------------------------------------
[開始日 ] 2010/09/29->10/02
---------------------------------------------------------------------
[目次   ]
01 緒方洪庵と華岡青州の違い
02 西欧流「共有する」文化と日本流「しまい込む」文化
03 病院から始まった民主主義
04 医者を大事にした社会
05 日本に蘭方医学が根付いた理由
06 山脇東洋の合理主義
07 ポンペ、シーボルトが残した功績
---------------------------------------------------------------------
[メモ   ]
当時の医学の状況がよくわかった。
情報が少ない中で、いろいろな努力があったんだなあ。
もう一度、聞いてみよう。

2010年11月24日 (水)

司馬遼太郎が語る(第6集 私ども人類)

---------------------------------------------------------------------
[No     ] 14
---------------------------------------------------------------------
[書籍名 ] 司馬遼太郎が語る(第6集 私ども人類)
---------------------------------------------------------------------
[著者名 ] 司馬遼太郎 
---------------------------------------------------------------------
[出版日 ] 2005年10月
---------------------------------------------------------------------
[出版社 ] 新潮社(発行) 73分24秒
---------------------------------------------------------------------
[価格   ] 2,000円
---------------------------------------------------------------------
[開始日 ] 2010/09/24->9/30
---------------------------------------------------------------------
[目次   ]
01 「人類」を実感できる情報化時代
02 農機具から考える国際関係史
03 鉄器伝来以前の縄文日本
04 中国・朝鮮で鉄の生産が衰退した理由
05 スポンジのような森を持つ「日出る国」
06 鎌倉以降の鉄器の発達と農業生産の拡大
07 ”文化人”を食わせていける豊かさ
08 鉄の伝来が日本に与えたもの
---------------------------------------------------------------------
[メモ   ]
日本人の農業に対する技術はすごいんやな。
あらためて、日本の農業に対して敬礼。

2010年11月23日 (火)

司馬遼太郎が語る(第5集 日本人と合理主義)

---------------------------------------------------------------------
[No     ] 13
---------------------------------------------------------------------
[書籍名 ] 司馬遼太郎が語る(第5集 日本人と合理主義)
---------------------------------------------------------------------
[著者名 ] 司馬遼太郎 
---------------------------------------------------------------------
[出版日 ] 2005年10月
---------------------------------------------------------------------
[出版社 ] 新潮社(発行) 74分
---------------------------------------------------------------------
[価格   ] 2,000円
---------------------------------------------------------------------
[開始日 ] 2010/09/24->9/29
---------------------------------------------------------------------
[目次   ]
01 豊かな土地では知恵が育たない
02 黄金に鈍感だった日本人
03 大航海時代と日本の金
04 戦国時代に貨幣経済が発達した理由
05 お米の政権・お金の政権
06 信長・秀吉は商人の発想
07 商品経済と合理主義
08 観念よりも現実を採る文化風土
09 誇るべき日本型リアリズムの伝統
---------------------------------------------------------------------
[メモ   ]
なし。ただ、聞くのみ。

2010年11月20日 (土)

司馬遼太郎が語る(第4集 文章日本語の成立)

---------------------------------------------------------------------
[No     ] 12
---------------------------------------------------------------------
[書籍名 ] 司馬遼太郎が語る(第4集 文章日本語の成立)
---------------------------------------------------------------------
[著者名 ] 司馬遼太郎 
---------------------------------------------------------------------
[出版日 ] 2005年9月
---------------------------------------------------------------------
[出版社 ] 新潮社(発行) 58分
---------------------------------------------------------------------
[価格   ] 2,000円
---------------------------------------------------------------------
[開始日 ] 2010/09/24->9/28
---------------------------------------------------------------------
[目次   ]
01 共通文章語とは何か
02 時流を描けなかった鏡花の文体
03 幕末期から明治の話し言葉・書き言葉
04 「虞美人草」の文体の新しさ
05 漱石と子規がが果たした役割
06 「おかあさん」は明治の新語
07 逆輸入された美しい日本語
08 音読の文体と黙読の文体
---------------------------------------------------------------------
[メモ   ]
うん、日本語についてあらためて考えさせられた。
もう一度、夏目漱石を読んでみようかな。

2010年11月18日 (木)

司馬遼太郎が語る(第3集 草原からのメッセージ)

---------------------------------------------------------------------
[No     ] 11
---------------------------------------------------------------------
[書籍名 ] 司馬遼太郎が語る(第3集 草原からのメッセージ)
---------------------------------------------------------------------
[著者名 ] 司馬遼太郎 
---------------------------------------------------------------------
[出版日 ] 2005年9月
---------------------------------------------------------------------
[出版社 ] 新潮社(発行) 64分
---------------------------------------------------------------------
[価格   ] 2,000円
---------------------------------------------------------------------
[開始日 ] 2010/09/24->9/27
---------------------------------------------------------------------
[目次   ]
01 日本人はどこから来たか
02 ジンギス汗とタタールについて
03 タタールの栄枯盛衰
04 日本に渡った或るタタールの話
05 ヘロドトスと司馬遷が書き記したスキタイと匈奴
06 「遊牧」は自然と共存する文明
---------------------------------------------------------------------
[メモ   ]
タタールってそういう意味やってんや。
学生のころの歴史で、ちらって見ただけ。
あのころに、この話をいっしょに聞きたかったなあ。

2010年11月17日 (水)

司馬遼太郎が語る(第2集 歴史小説家の視点)

---------------------------------------------------------------------
[No     ] 10
---------------------------------------------------------------------
[書籍名 ] 司馬遼太郎が語る(第2集 歴史小説家の視点)
---------------------------------------------------------------------
[著者名 ] 司馬遼太郎 
---------------------------------------------------------------------
[出版日 ] 2005年8月
---------------------------------------------------------------------
[出版社 ] 新潮社(発行) 59分
---------------------------------------------------------------------
[価格   ] 2,000円
---------------------------------------------------------------------
[開始日 ] 2010/09/24->9/26
---------------------------------------------------------------------
[目次   ]
01 歴史的事実からこぼれ落ちるもの
02 歴史小説家の歴史の見方
03 鎌倉時代になぜ彫刻が流行ったか
04 武士が興した無教養の時代
05 幕末期の事実からわかること
06 道徳で死ねた時代
07 経済感覚に優れた幕末の先覚者
---------------------------------------------------------------------
[メモ   ]
私も歴史小説家の気持ちで歴史を勉強しなおそうかな。
鎌倉時代って、けっこう面白そうだ。
今になって、歴史の面白さが少しではあるがわかるようになってきた。

2010年11月16日 (火)

司馬遼太郎が語る(第1集 建築に観る日本文化)

---------------------------------------------------------------------
[No     ] 9
---------------------------------------------------------------------
[書籍名 ] 司馬遼太郎が語る(第1集 建築に観る日本文化)
---------------------------------------------------------------------
[著者名 ] 司馬遼太郎 
---------------------------------------------------------------------
[出版日 ] 2005年8月
---------------------------------------------------------------------
[出版社 ] 新潮社(発行) 59分
---------------------------------------------------------------------
[価格   ] 2,000円
---------------------------------------------------------------------
[開始日 ] 2010/09/24->9/25
---------------------------------------------------------------------
[目次   ]
01はじまりはルネサンス
02建築家になろうとした夏目漱石
03奈良時代以降、日本で巨大建築が途絶えた理由
04日本では小説も建築も平面的
05織田信長は第一級の建築デザイナー
06 安土城以降の近世建築事情
07 建築は最先端の芸術
---------------------------------------------------------------------
[メモ   ]
ちょっと気分を変えて、司馬遼太郎さんの講演CDを聞くことにした。
歴史小説家から見た歴史感を聞いてみたかった。
なるほどなるほど。

2010年11月10日 (水)

小林秀雄 講演集4巻(現代思想について)

---------------------------------------------------------------------
[No     ] 8
---------------------------------------------------------------------
[書籍名 ] 小林秀雄 講演集4巻(現代思想について)
---------------------------------------------------------------------
[著者名 ] 小林秀雄 
---------------------------------------------------------------------
[出版日 ] 2004年1月(1961年8月収録、長崎県雲仙 夏季学生合宿教室)
---------------------------------------------------------------------
[出版社 ] 新潮社(発行)
---------------------------------------------------------------------
[価格   ] 4,000円
---------------------------------------------------------------------
[開始日 ] 2010/09/21->9/23
---------------------------------------------------------------------
[目次   ]
●CD-1
01横丁の隠居
02年には功がある
03合理的思想のバカらしさ
04ユングの見た「これこそ老人」
05精神と肉体の関係
06ベルグソンとフロイトの不朽の名著
07娘がワニに食われた話
08太陽は美しい
09「人生」の考え方
●CD-2
01魂は存在している
02なぜ哲学を勉強しないのか
03「いつか宣長を書こうと思っている」
04私の宗教観
05女遊びより楽しい「学問」
06教師は必ず”現れる”
07直覚から分析への道

---------------------------------------------------------------------
[メモ   ]
魂はあるに決まってるじゃないか。
気迫ある答えだ。
自分の考えのあるところに答えがあるんだ。
---------------------------------------------------------------------

2010年11月 4日 (木)

小林秀雄 講演集2巻(信ずることと考えること)

---------------------------------------------------------------------
[No     ] 7
---------------------------------------------------------------------
[書籍名 ] 小林秀雄 講演集2巻(信ずることと考えること)
---------------------------------------------------------------------
[著者名 ] 小林秀雄 
---------------------------------------------------------------------
[出版日 ] 2004年1月(1974年8月収録、鹿児島県霧島 夏季学生合宿教室)
---------------------------------------------------------------------
[出版社 ] 新潮社(発行)
---------------------------------------------------------------------
[価格   ] 4,000円
---------------------------------------------------------------------
[開始日 ] 2010/09/21->9/22
---------------------------------------------------------------------
[目次   ]
●CD-1
01ユリ・ゲラーの念力
02ベルグソンの哲学
03近代科学の方法(エラーのため聞けず)
04魂について
05文学者・柳田国男
●CD-2
01信じることと知ること
02なぜ徒党を組むのか
03質問の仕方
04「考える」ということ
05日本の神道
06親と子
07歴史は鏡
08感受性は育つ
---------------------------------------------------------------------
[メモ   ]
君はどうしてその質問をしたのかね?
それは聞くべきことか、それとも自分で考えることかを知った上での質問かね。
質問をするってことは、その時点で問題点がはっきりしてるってことだ。

というような内容の学生との問答があった。
私も人に質問するときは、よく考えてから質問するようにしたい。
人に聞くべきことか、それとも自分で考えることか。

最近、インターネットやiPhoneに時間を取られて、「考える」ことをおろそかに
しがちだ。猛省。
---------------------------------------------------------------------

2010年11月 3日 (水)

小林秀雄 講演集(随想二題)

---------------------------------------------------------------------
[No     ] 6
---------------------------------------------------------------------
[書籍名 ] 小林秀雄 講演集(随想二題)
---------------------------------------------------------------------
[著者名 ] 小林秀雄 
---------------------------------------------------------------------
[出版日 ] 2004年1月(1972年9月25日収録、1977年11月14日収録)
---------------------------------------------------------------------
[出版社 ] 新潮社(発行)
---------------------------------------------------------------------
[価格   ] 4,000円
---------------------------------------------------------------------
[開始日 ] 2010/09/18->9/20
---------------------------------------------------------------------
[目次   ]
●CD-1
01宣長の学問
02正宗白鳥の「源氏」評価
03「源氏」を信じ、楽しみ、愛した宣長
04「この世のまこと」と「歌のまこと」
05もののあわれとは人間の道
●CD-2
01宣長を熟読すれば…
02紫式部の本意
03もののあわれを知るとは
04「考える」という言葉の意味
05現代を毒する「実用の理」
---------------------------------------------------------------------
[メモ   ]
私は、源氏物語を読んだことがない。
一度読んでみよう。オーディオブックにもあるので聞いてみようか。
小林氏によるとずいぶんと悪文らしい。
「現代を毒する実用の理」では考えさせられることが多かった。
---------------------------------------------------------------------

2010年11月 2日 (火)

最近のDAIGOのメモ専科の使い方

Memo

毎日、iPadやらiPhoneなどのスマートフォンに翻弄されている。
これにXPERIAが加わり、もうすぐギャラクシーまでテストすることになりそうだ。
こうして、モバイルは重くなる。

だが、肌身離さず使い続けているのがDAIGOのメモ専科という手帳だ。

実際に私が使っている手帳をスキャナーで読み込んでみた。(右図)

この手帳は、17行の罫線が引いてある。
これを利用して、朝7時から夜23時までの予定を書きこむようにしている。
睡眠時間はだいたい7時間なのでちょうどなんだが、早めに就寝したってかまわない。
私はこれを勝手にセブンイレブンと呼んでいる。

もともと手帳には縦線などは引いていないので、毎朝若しくは前日の夜に自分の手で引く。
予定表の横にはタスクを書き込む。
その時に、上から5行目と6行目の間にはっきりとわかるように横線を引く。
次に10行目と11行目の間にも横線を引く。

つまり、最優先のタスクを5つ。次に優先するタスクを5つ。
私用や雑用などの用事を7つ。書き込んでおく。

その日の内に達成したら横にチェックをいれていくのである。
なかなか思い通りには進まないが、2分以内で終われるタスクを先に片付けるようにしている。これは、アメリカのなんとかという本を読んだときの知恵。
結構、スムーズに仕事がはかどるような気がする。

見開きの右のページは、アイデアや会議のメモなどなんでも書き込む。
空いていなかったら、違うページでも気にしない。どんどん書き込む。

そうして、このメモがあとで参照したくなるかもしれないと思ったら、ページの端に赤ペンもしくはマーカーで縦線を引いておく。(写真)

こうしておくと、手帳をパラパラと手でめくったときにマークをすぐに見つけることができるので便利だ。
赤ペンがないときは、普通のシャープペンシルでもかまわない。
カランダッシュのシャープペンシルを使っているから、0.7ミリの太い芯なのでよく目立つ。

文字を書くというのは脳に刺激を与える動作だと思う。
スマートフォンに入力するのもよいが、私の場合は手帳に書き込む方が遥かに速い。
一時、モバイルに集中してみようとしたことがあるが、漢字が思い出せなくなってしまって焦ったことがある。

だからよけいに手帳に書き込むようにしている。

一日に2ページとはちょっと贅沢ではないか。
でも、気分がよい。アイデアもどんどん沸くようになってきた。
手当たり次第に書いているからかもしれない。

DAIGOのメモ専科は、モバイルグッズのなかでも主役である。

2010年11月 1日 (月)

小林秀雄 講演集3巻(本居宣長)

---------------------------------------------------------------------
[No     ] 5
---------------------------------------------------------------------
[書籍名 ] 小林秀雄 講演集3巻(本居宣長)
---------------------------------------------------------------------
[著者名 ] 小林秀雄 
---------------------------------------------------------------------
[出版日 ] 2004年1月(1978年8月6日収録)
---------------------------------------------------------------------
[出版社 ] 新潮社(発行)
---------------------------------------------------------------------
[価格   ] 4,000円
---------------------------------------------------------------------
[開始日 ] 2010/09/15->9/19
---------------------------------------------------------------------
[目次   ]
●CD-1
01「本居宣長」を刊行するまで
02哲学者の文章
03宣長は一人
04プラトンの「パイドロス」
05ソクラテスと宣長
●CD-2
01学問の常識を忘れていないか
02対話と自問自答
03経験と創作
04理想と空想と想像力
05科学は万能にあらず

---------------------------------------------------------------------
[メモ   ]
講義・質疑応答
・文字がない時代は、文字がなくても不便はなかった。記憶に託していた
からだ。ソクラテスも本居宣長も同じことを言っている。
学生との質疑応答のところでは、鋭い切り込みでずばり回答する場面に驚いた。

---------------------------------------------------------------------

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »