« 司馬遼太郎が語る(第8集 医学が変えた近代日本) | トップページ | ワイン生活 ‐楽しく飲むための200のヒント »

2010年11月28日 (日)

養老孟司が語る「わかる」ということ

気分を変えて歴史路線から、医学の話をきいてみよう。
---------------------------------------------------------------------
[No     ] 16
---------------------------------------------------------------------
[書籍名 ] 養老孟司が語る「わかる」ということ
---------------------------------------------------------------------
[著者名 ] 養老孟司
---------------------------------------------------------------------
[出版日 ] 2003年10月
---------------------------------------------------------------------
[出版社 ] 新潮社(発行) 85分
---------------------------------------------------------------------
[価格   ] 1,200円
---------------------------------------------------------------------
[開始日 ] 2010/09/29->10/02
---------------------------------------------------------------------
[目次   ]
01 寝ている間は「人生」か?
02 昨日の私と今日の私は別人である
03 頭の中の「リンゴ活動」
04 情報化社会とは私が情報になる社会
05 ”個性的”とはどういうことか?
06 「話せばわかる」とは限らない
07 伝統芸能に見る型と個性
08 地方と都会-参勤交代の勧め
09 大事なのは心と体のバランス
---------------------------------------------------------------------
[メモ   ]
脳医学の専門家なのに医者嫌い?に大笑い。
昨日の私と今日の私は別人という考えかたに思わず納得。
情報過多の現代、心と体のバランスをとることは大切ですね。
半年ほどたったら、もう一度聞こう。

« 司馬遼太郎が語る(第8集 医学が変えた近代日本) | トップページ | ワイン生活 ‐楽しく飲むための200のヒント »

05 読んだ本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514829/50151569

この記事へのトラックバック一覧です: 養老孟司が語る「わかる」ということ:

« 司馬遼太郎が語る(第8集 医学が変えた近代日本) | トップページ | ワイン生活 ‐楽しく飲むための200のヒント »