« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月31日 (金)

[書籍名 ] 新春放談小林一三vs松下幸之助

--------------------------------------------------
[No     ] 54
--------------------------------------------------
[書籍名 ] 新春放談小林一三vs松下幸之助
--------------------------------------------------
[著者名 ] 小林一三vs松下幸之助
--------------------------------------------------
[出版日 ]     2004.7
--------------------------------------------------
[出版社 ] 日経BP社 15扮
--------------------------------------------------
[価格   ] \0
--------------------------------------------------
[開始日 ] 2010/12/09/->
--------------------------------------------------
[目次   ]
--------------------------------------------------
[メモ   ]

[書籍名 ] ガルシアへの手紙

--------------------------------------------------
[No     ] 53
--------------------------------------------------
[書籍名 ] ガルシアへの手紙
--------------------------------------------------
[著者名 ]
--------------------------------------------------
[出版日 ] 2009.1
--------------------------------------------------
[出版社 ]
--------------------------------------------------
[価格   ] \0
--------------------------------------------------
[開始日 ] 2010/12/09/->
--------------------------------------------------
[目次   ]
--------------------------------------------------
[メモ   ]
短い手紙の中にビジネスの神髄が詰まっている。

[書籍名 ] 恋愛催眠術

--------------------------------------------------
[No     ] 52
--------------------------------------------------
[書籍名 ] 恋愛催眠術
--------------------------------------------------
[著者名 ] 林貞年
--------------------------------------------------
[出版日 ] 2009.1
--------------------------------------------------
[出版社 ] 現代書林 4時間 39分 06秒
--------------------------------------------------
[価格   ] \1800
--------------------------------------------------
[開始日 ] 2010/12/09/->
--------------------------------------------------
[目次   ]
--------------------------------------------------
[メモ   ]

[書籍名 ] 間違いだらけの山登り

--------------------------------------------------
[No     ] 51
--------------------------------------------------
[書籍名 ] 間違いだらけの山登り
--------------------------------------------------
[著者名 ] 岩崎元郎
--------------------------------------------------
[出版日 ] 2006.7.19
--------------------------------------------------
[出版社 ] PHP研究所
--------------------------------------------------
[価格   ] \1300
--------------------------------------------------
[開始日 ] 2010/12/14/->
--------------------------------------------------
[目次   ]
装備編
[雨具]
    雨傘と雨合羽とレインスーツは全く違う
[ザック]
  便利なザックがよいとは限らない
[登山靴]
  「楽でない道」は「楽でない靴」のほうが楽
[服装]
  長袖・長ズボンでなければならないのか?
[ストック]
  「前後」に振ってはダメ。[上下]に使う
[地図とコンパス]
  「絶対に必要」と思っていない人が多い
[GPS]
  威力絶大だが使い方次第では落とし穴もなる。
[ガイドブック]
  「行動」ではなく「計画」に用いるものと心得る
[日射対策]
  うすぐもりでも紫外線は意外と強い。
[水筒・ペットボトル]
  ザックに下げたり、首からぶら下げるのはタブー
[食器・ストーブ]
自炊しないのならパーティの共同装備で十分。
[食べ物]
どうしてそんなにたくさん持ってくる?
[非常食・予備食]
アメ一つあるだけで助かることも
[通信手段]
主流は携帯電話だが、もろ刃の剣でもある。
[アイゼン・ピッケル]
貴女はピッケルが必要な登山に行けますか?
[小物類]
「あれば便利なもの」は体力に自信のある人が持っていく
---------------------------------------------------------------------
[メモ   ]

[書籍名 ] 催眠術のかけ方

--------------------------------------------------
[No     ] 50
--------------------------------------------------
[書籍名 ] 催眠術のかけ方
--------------------------------------------------
[著者名 ] 林貞年
--------------------------------------------------
[出版日 ] 2009.1
--------------------------------------------------
[出版社 ] 現代書林 4時間 39分 06秒
--------------------------------------------------
[価格   ] \1800
--------------------------------------------------
[開始日 ] 2010/12/09/->
--------------------------------------------------
[目次   ]
初心者のための基礎知識から、実践現場に裏打ちされたプロのテクニックまで、
催眠術の本格的技法を解説。
催眠術をかけてみたい人には必読の実践テクニックをセレクト!
今まで数多くの催眠本が発売されましたが、催眠術をかけるためのプロの技術
を明かした書籍はほとんどありません。
--------------------------------------------------
[メモ   ]
コミュケーションの技術を学ぶために催眠術の本を
読んでみた。
深層心理と会話する方法を学ぶ。

[書籍名 ] ザ・メッセージ 今蘇る日本のDNA  小倉昌男

--------------------------------------------------
[No     ] 49
--------------------------------------------------
[書籍名 ] ザ・メッセージ 今蘇る日本のDNA  小倉昌男
--------------------------------------------------
[著者名 ] 小倉昌男
--------------------------------------------------
[出版日 ] 2005.10
--------------------------------------------------
[出版社 ] 日経BP社     40分
--------------------------------------------------
[価格   ] 5000円
--------------------------------------------------
[開始日 ] 2010/11/30
--------------------------------------------------
[目次   ]

--------------------------------------------------
[メモ   ]

[書籍名 ] ザ・メッセージ 今蘇る日本のDNA  鈴木敏文

--------------------------------------------------
[No     ] 48
--------------------------------------------------
[書籍名 ] ザ・メッセージ 今蘇る日本のDNA  鈴木敏文
--------------------------------------------------
[著者名 ] 鈴木敏文
--------------------------------------------------
[出版日 ] 2005.10
--------------------------------------------------
[出版社 ] 日経BP社 48分
--------------------------------------------------
[価格   ] 5000円
--------------------------------------------------
[開始日 ] 2010/11/30
--------------------------------------------------
[目次   ]

--------------------------------------------------
[メモ   ]

[書籍名 ] 岩崎元郎の「新日本百名山」登山ガイド

--------------------------------------------------
[No     ] 47
--------------------------------------------------
[書籍名 ] 岩崎元郎の「新日本百名山」登山ガイド
--------------------------------------------------
[著者名 ] 岩崎元郎
--------------------------------------------------
[出版日 ] 2006.4
--------------------------------------------------
[出版社 ] 山と溪谷社
--------------------------------------------------
[価格   ] \1600
--------------------------------------------------
[開始日 ] 2010/11/25/->11/28
--------------------------------------------------
[目次   ]
すます高齢化する登山者層に向けて新たに選定した100山から、西日本エリアの50山を紹介。
著者による登山のアドバイスや、各山域の登山精通者によるコースガイドなど、役立つ情報が満載。
データ:2006年2月現在。
--------------------------------------------------
[メモ   ]

[書籍名 ] 岳人備忘録  登山界47人の「山」

--------------------------------------------------
[No     ] 46
たまには気分を変えて、山の本でも読もう。
--------------------------------------------------
[書籍名 ] 岳人備忘録  登山界47人の「山」
--------------------------------------------------
[著者名 ] 山本修二
--------------------------------------------------
[出版日 ] 2010.10
--------------------------------------------------
[出版社 ] 東京新聞出版部 495p
--------------------------------------------------
[価格   ] \1619円
--------------------------------------------------
[開始日 ] 2010/11/25/->11/27
--------------------------------------------------
[目次   ]
登山界のキーパーソン47人が、冒険の思想、登山と生活、登山界への提言や苦言などを語る。
日本の登山や登山文化の側面史としての価値も有する一冊。
『岳人』の連載「30の質問」と「備忘録」をまとめて書籍化。
--------------------------------------------------
[メモ   ]

[書籍名 ] ザ・メッセージ 今蘇る日本のDNA  稲森和夫

--------------------------------------------------
[No     ] 45
--------------------------------------------------
[書籍名 ] ザ・メッセージ 今蘇る日本のDNA  稲森和夫
--------------------------------------------------
[著者名 ] 稲森和夫
--------------------------------------------------
[出版日 ] 2004.7
--------------------------------------------------
[出版社 ] 日経BP社 45分
--------------------------------------------------
[価格   ] 4500円
--------------------------------------------------
[開始日 ] 2010/11/25/->11/27
--------------------------------------------------
[目次   ]
人生観
技術者として
人間として
--------------------------------------------------
決してあきらめない。
燃えるような情熱。

[書籍名 ] ザ・メッセージ 今蘇る日本のDNA  盛田昭夫

--------------------------------------------------
[No     ] 44
--------------------------------------------------
[書籍名 ] ザ・メッセージ 今蘇る日本のDNA  盛田昭夫
--------------------------------------------------
[著者名 ] 盛田昭夫
--------------------------------------------------
[出版日 ] 2004.7
--------------------------------------------------
[出版社 ] 日経BP社 45分
--------------------------------------------------
[価格   ] 4500円
--------------------------------------------------
[開始日 ] 2010/11/25/->11/27
--------------------------------------------------
[目次   ]
我々はマイノリティである。
従業員は道具ではない。
経営者の条件
経営者に哲学は必要か。
--------------------------------------------------
[メモ   ]
好奇心を失ったらだめ。
英語は流超でなくても、結論をはっきり伝えればよい。

[書籍名 ] ザ・メッセージ 今蘇る日本のDNA   松下幸之助

--------------------------------------------------
[No     ] 43
--------------------------------------------------
[書籍名 ] ザ・メッセージ 今蘇る日本のDNA   松下幸之助
--------------------------------------------------
[著者名 ]  松下幸之助
--------------------------------------------------
[出版日 ] 2004.7
--------------------------------------------------
[出版社 ] 日経BP社 45分
--------------------------------------------------
[価格   ] 4500円
--------------------------------------------------
[開始日 ] 2010/11/22/
--------------------------------------------------
[目次   ]

--------------------------------------------------
[メモ   ]
なんど聞いてもすごいと思う。

[書籍名 ] 夢をかなえるゾウ

--------------------------------------------------
[No     ] 42
--------------------------------------------------
[書籍名 ] 夢をかなえるゾウ
--------------------------------------------------
[著者名 ] 水野敬也
--------------------------------------------------
[出版日 ] 2007.8
--------------------------------------------------
[出版社 ] 飛鳥新社
--------------------------------------------------
[価格   ] \1600
--------------------------------------------------
[開始日 ] 2010/11/16/
--------------------------------------------------
[目次   ]

--------------------------------------------------
[メモ   ]
内容はともかく、普段の自分のしゃべりとそっくりなんで笑った。
なんで、関西弁やねん。

[書籍名 ] ザ・メッセージ 今蘇る日本のDNA  カルロス・ゴーン

--------------------------------------------------
[No     ] 41
--------------------------------------------------
[書籍名 ] ザ・メッセージ 今蘇る日本のDNA  カルロス・ゴーン
--------------------------------------------------
[著者名 ] カルロス・ゴーン
--------------------------------------------------
[出版日 ] 2004.7
--------------------------------------------------
[出版社 ] 日経BP社 44分
--------------------------------------------------
[価格   ] 5000円
--------------------------------------------------
[開始日 ] 2010/11/12
--------------------------------------------------
[目次   ]

--------------------------------------------------
[メモ   ]
彼が日本でどのように手腕を振るったのか。
とても興味があった。

[書籍名 ] 大空のサムライ2部

--------------------------------------------------
[No     ] 40
--------------------------------------------------
[書籍名 ] 大空のサムライ2部
--------------------------------------------------
[著者名 ] 坂井三郎
--------------------------------------------------
[出版日 ] 1984.7
--------------------------------------------------
[出版社 ] 光人社 246p
--------------------------------------------------
[価格   ] 980円
--------------------------------------------------
[開始日 ] 2010/11/12
--------------------------------------------------
[目次   ]
第一章明日なき戦いの中で
第二章孤独なる苦闘の果てに
第三章迫りくる破局の中で
第四章大空が俺を呼んでいる
--------------------------------------------------
[メモ   ]
感動的な話もあるが、戦争の話は物悲しい。

[書籍名 ] 大空のサムライ1部

--------------------------------------------------
[No     ] 39
--------------------------------------------------
[書籍名 ] 大空のサムライ1部
--------------------------------------------------
[著者名 ] 坂井三郎
--------------------------------------------------
[出版日 ] 1984.7
--------------------------------------------------
[出版社 ] 光人社 246p
--------------------------------------------------
[価格   ] 980円
--------------------------------------------------
[開始日 ] 2010/11/12
--------------------------------------------------
[目次   ]

--------------------------------------------------
[メモ   ]
ラジオのトーク番組で聞いた坂井三郎の名前。
昭和の撃墜王の話だ。読んでみると面白い。
海外でも評判が高いのがわかる。

[書籍名 ] ザ・メッセージ 今蘇る日本のDNA  井深大

--------------------------------------------------
[No     ] 38
--------------------------------------------------
[書籍名 ] ザ・メッセージ 今蘇る日本のDNA  井深大
--------------------------------------------------
[著者名 ] 井深大
--------------------------------------------------
[出版日 ] 2004.7
--------------------------------------------------
[出版社 ] 日経BP社 42分
--------------------------------------------------
[価格   ] 4500円
--------------------------------------------------
[開始日 ] 2010/11/12
--------------------------------------------------
[目次   ]

--------------------------------------------------
[メモ   ]
チャレンジ精神を学ぼう。

[書籍名 ] ザ・メッセージ 今蘇る日本のDNA  佐治敬三

--------------------------------------------------
[No     ] 37
--------------------------------------------------
[書籍名 ] ザ・メッセージ 今蘇る日本のDNA  佐治敬三
--------------------------------------------------
[著者名 ] 佐治敬三
--------------------------------------------------
[出版日 ] 2004.7
--------------------------------------------------
[出版社 ] 日経BP社 45分
--------------------------------------------------
[価格   ] 4500円
--------------------------------------------------
[開始日 ] 2010/11/05/
--------------------------------------------------
[目次   ]

--------------------------------------------------
[メモ   ]
なんでもやってみなはれ。
なるほど。

[書籍名 ] ザ・メッセージ 今蘇る日本のDNA  吉田忠雄

--------------------------------------------------
[No     ] 36
--------------------------------------------------
[書籍名 ] ザ・メッセージ 今蘇る日本のDNA  吉田忠雄
--------------------------------------------------
[著者名 ] 吉田忠雄
--------------------------------------------------
[出版日 ] 2004.7
--------------------------------------------------
[出版社 ] 日経BP社 45分
--------------------------------------------------
[価格   ] 4500円
--------------------------------------------------
[開始日 ] 2010/11/05/
--------------------------------------------------
[目次   ]

--------------------------------------------------
[メモ   ]
YKKの創始者。三分割の考え方。

[書籍名 ] ザ・メッセージ 今蘇る日本のDNA  塚本幸一

ここから著名な経済人のビデオを見ることにした。
--------------------------------------------------
[No     ] 35
--------------------------------------------------
[書籍名 ] ザ・メッセージ 今蘇る日本のDNA  塚本幸一
--------------------------------------------------
[著者名 ] 塚本幸一 
--------------------------------------------------
[出版日 ] 2004.7
--------------------------------------------------
[出版社 ] 日経BP社 43分
--------------------------------------------------
[価格   ] 4500円
--------------------------------------------------
[開始日 ] 2010/11/05/->11/08
--------------------------------------------------
[目次   ]
戦争で生き残ったことが残りの人生をどう生きるのかを決定した。
人は人を使うことはできないという。
相互信頼とはどういうことなのか。
情熱を女性の美に注いだ人生に感動を覚えた。
--------------------------------------------------
[メモ   ]

[書籍名 ] 隠された十字架

--------------------------------------------------
[No     ] 34
--------------------------------------------------
[書籍名 ] 隠された十字架
--------------------------------------------------
[著者名 ] 梅原猛
--------------------------------------------------
[出版日 ] 1980
--------------------------------------------------
[出版社 ] 新潮社
--------------------------------------------------
[価格   ] 1500円
--------------------------------------------------
[開始日 ] 2010/10/28->11/07
--------------------------------------------------
[目次   ]

第一部 謎の提起

第二部 解決への手掛り
  第一章 なぜ法隆寺は再建されたか
  第二章 誰が法隆寺を建てたか
  第三章 法隆寺債権の政治的背景
第三部 真実の開示
  第一章 第一の答
  第二章 第二の答
  第三章 法隆寺の再建年代
  第四章 第三の答
  第五章 第四の答
  第六章 第五の答
  第7章 第六の答
  第8章 第七の答
---------------------------------------------------
[メモ   ]
無条件に面白い。
絶対読むべし。

[書籍名 ] 梅原猛の授業 仏教と道徳 第9巻

--------------------------------------------------
[No     ] 32
--------------------------------------------------
[書籍名 ] 梅原猛の授業 仏教と道徳    第9巻
--------------------------------------------------
[著者名 ] 梅原猛 
--------------------------------------------------
[出版日 ] 2005年3月
--------------------------------------------------
[出版社 ] 日本音声保存 66分
--------------------------------------------------
[価格   ] 1,980円
--------------------------------------------------
[開始日 ] 2010/10/28->10/28
--------------------------------------------------
[目次   ]
01 仏教の戒律「不妄語」
02 人の世オ明るくする嘘は許される
03 嘘が当たり前になった社会
04 生一本で嘘オつけない坊ちゃん
05 日本の将来を予言した漱石
06 選ばれた人間であると思う傲慢
07 傲慢を表現したギリシャ悲劇
08 反面教師としての太宰治の生き方
09 企業の詐欺が資本主義を危うくする
--------------------------------------------------
[メモ   ]

[書籍名 ] 梅原猛の授業 仏教と道徳 第8巻

--------------------------------------------------
[No     ] 31
--------------------------------------------------
[書籍名 ] 梅原猛の授業 仏教と道徳    第8巻
--------------------------------------------------
[著者名 ] 梅原猛 
--------------------------------------------------
[出版日 ] 2005年3月
--------------------------------------------------
[出版社 ] 日本音声保存 66分
--------------------------------------------------
[価格   ] 1,980円
--------------------------------------------------
[開始日 ] 2010/10/28->10/28
--------------------------------------------------
[目次   ]
01 親の希望より自分の進みたい道を選ぶ
02 コンプレックスオ励みのバネにする
03 会社の運営も自利利他の関係で
04 会社は外に開かれねばならない
05 モーゼの十戒と仏教の戒律
06 二十世紀は殺人の時代、二十一世紀は
07 アイヌ思想の根底にある共生と循環
08 殺し殺される世の中
--------------------------------------------------
[メモ   ]

[書籍名 ] 朝イチでメールは読むな

--------------------------------------------------
[No     ] 30
--------------------------------------------------
[書籍名 ] 朝イチでメールは読むな
--------------------------------------------------
[著者名 ] 酒巻久
--------------------------------------------------
[出版日 ] 2010年03月
--------------------------------------------------
[出版社 ] 朝日新聞出版
--------------------------------------------------
[価格   ] 740円
--------------------------------------------------
[開始日 ] 2010/10/26->10/28
--------------------------------------------------
[目次   ]

序章 人間の能力は何で決まるか?
1章 時間・仕事を管理できる人、できない人の習慣
2章 上司とうまくやれる人、やれない人の習慣
3章 部下をうまく動かす人、動かせない人の習慣
4章 情報収集・整理・アイデア出しがうまい人、へたな人の習慣
5章 勉強して自分を伸ばす人、伸ばせない人の習慣
6章 交渉に強い人、弱い人の習慣
7章 会議を活かす人、行かせない人の習慣
8章 チーム・向上をうまく動かす人、動かせない人の習慣
9章 打たれ強く出世する人、しない人の習慣
-------------------------------------------------
[メモ   ]
損得抜きで人に親切にする
目的は何かと立ち返る習慣
一に面談、二に電話三四がなくて5にメール
朝の創造的な時間にメールは読むな。2時間後で良い。
手書きのメッセージ。習慣
大事なことは回覧する。
100冊読めばその道の専門家
困っている人は助ける。人を裏切らない。手柄を独り占めにしない。

[書籍名 ] 梅原猛の授業 仏教と道徳 第7巻

--------------------------------------------------
[No     ] 29
--------------------------------------------------
[書籍名 ] 梅原猛の授業 仏教と道徳    第7巻
--------------------------------------------------
[著者名 ] 梅原猛 
--------------------------------------------------
[出版日 ] 2005年3月
--------------------------------------------------
[出版社 ] 日本音声保存 66分
--------------------------------------------------
[価格   ] 1,980円
--------------------------------------------------
[開始日 ] 2010/10/26->10/27
--------------------------------------------------
[目次   ]

01 一つの根から出ているすべての生物
02 動物の母子の愛情は利他の心
03 サルから受けついだ同類殺しの遺伝子
04 道徳がなければ人間は自利の塊
05 家庭に道徳の根源がある
06 二人の母の利他行で私は生きている
07 人類最初の宗教は大地=女神崇拝
08 母の愛を宿した世界の二大宗教
--------------------------------------------------
[メモ   ]

[書籍名 ] 梅原猛の授業 仏教と道徳 第6巻

--------------------------------------------------
[No     ] 28
--------------------------------------------------
[書籍名 ] 梅原猛の授業 仏教と道徳    第6巻
--------------------------------------------------
[著者名 ] 梅原猛 
--------------------------------------------------
[出版日 ] 2005年3月
--------------------------------------------------
[出版社 ] 日本音声保存 68分
--------------------------------------------------
[価格   ] 1,980円
--------------------------------------------------
[開始日 ] 2010/10/26->10/27
--------------------------------------------------
[目次   ]

01 どこでも教えられていない道徳
02 日本人全体の道徳心がマヒしている
03 江戸時代の教育は宗教に基ずいていた
04 明治以後も残った江戸の道徳の遺産
05 君が代、日の丸教育が道徳ではない
06 神仏分離で国宝級の仏像が焼かれた
07 天皇オ神とする新しい宗教が生まれた
08 伝統思想が継承されていない教育勅語
09 日本国憲法を裏ずける道徳が必要
--------------------------------------------------
[メモ   ]
これは実感。日本の道徳教育はどうなっているんだろう。

[書籍名 ] 梅原猛の授業 仏教と道徳 第4巻

--------------------------------------------------
[No     ] 27
--------------------------------------------------
[書籍名 ] 梅原猛の授業 仏教と道徳    第4巻
--------------------------------------------------
[著者名 ] 梅原猛 
--------------------------------------------------
[出版日 ] 2005年3月
--------------------------------------------------
[出版社 ] 日本音声保存 70分
--------------------------------------------------
[価格   ] 1,980円
--------------------------------------------------
[開始日 ] 2010/10/26->10/27
--------------------------------------------------
[目次   ]

01 奈良時代に日本に入ってきた仏教
02 法華経が日本の仏教の中心オ貫いている
03 木の神と仏教が出会って行基仏が出現した
04 蓮池の泥から清浄な花オ咲かせる「法華」
05 戦いの一生を送った最澄は悲しい人
06 仏教の魂が燃えた鎌倉初期
07 口でとなえる「南無阿弥陀仏」なら誰でもできる
08 深い体験に裏ずけられた親鸞の魅力
09 日本でいちばん人気のある仏教者、親鸞
--------------------------------------------------
[メモ   ]

[書籍名 ] 梅原猛の授業 仏教と道徳 第10巻

--------------------------------------------------
[No     ] 26
--------------------------------------------------
[書籍名 ] 梅原猛の授業 仏教と道徳    第10巻
--------------------------------------------------
[著者名 ] 梅原猛 
--------------------------------------------------
[出版日 ] 2005年3月
--------------------------------------------------
[出版社 ] 日本音声保存 65分
--------------------------------------------------
[価格   ] 1,980円
--------------------------------------------------
[開始日 ] 2010/10/18->10/21
--------------------------------------------------
[目次   ]

01 努力を仏教では「精進」という
02 天才とは努力する才能である
03 創造のための五つの条件とは
04 人生すべてが創造であること
05 恋愛は高貴な魂をもつ人間の行い
06 家庭は愛の関係、職場は信の関係
07 信の関係があって義務がある
08 家庭の愛と職場の信を両立させる
09 この世とあの世を旅している
10 大切なのは永遠や絶対という考え方
11 近代文明には畏敬の心が欠如
--------------------------------------------------
[メモ   ]

[書籍名 ] 梅原猛の授業 仏教と道徳 第5巻

どういうわけか第4巻が借りれなかった。なので第5巻を先に聞く。
--------------------------------------------------
[No     ] 25
--------------------------------------------------
[書籍名 ] 梅原猛の授業 仏教と道徳    第5巻
--------------------------------------------------
[著者名 ] 梅原猛
--------------------------------------------------
[出版日 ] 2005年3月
--------------------------------------------------
[出版社 ] 日本音声保存 65分
--------------------------------------------------
[価格   ] 1,980円
--------------------------------------------------
[開始日 ] 2010/10/18->10/21
--------------------------------------------------
[目次   ]
01 日蓮の唱えた「南無妙法蓮華経」
02 他宗より行動力をもっている日蓮の仏教
03 仏は自分であり、自分が仏になる「禅」
04 いまは親鸞や日蓮のような人が求められる時代
05 明治以後の仏教教育
06 近代では文学者が仏教の精神を伝えた
07 世界が幸福にならないうちは、個人の幸福はない
08 いまは宗教の対立の時代
09 異母兄弟である一神教同士が対立
--------------------------------------------------
[メモ   ]

[書籍名 ] 梅原猛の授業 仏教と道徳 第3巻

--------------------------------------------------
[No     ] 24
--------------------------------------------------
[書籍名 ] 梅原猛の授業 仏教と道徳    第3巻
--------------------------------------------------
[著者名 ] 梅原猛 
--------------------------------------------------
[出版日 ] 2005年3月
--------------------------------------------------
[出版社 ] 日本音声保存 65分
--------------------------------------------------
[価格   ] 1,980円
--------------------------------------------------
[開始日 ] 2010/10/18->10/20
--------------------------------------------------
[目次   ]
01 キリスト教の「聖書」と仏教の「経典」
02 町へ出て悩んでいる人を救う
03 イチローは「空」を実践している
04 仏教の三つの原理は平等・自由な知恵・慈悲
05 仏教の道徳である八正道
06 正直の徳はキラキラ光るものオ持っている
07 四つの徳を守ってきちんと生きていく
08 仏になりたいと誓う四弘誓願
--------------------------------------------------

[書籍名 ] 梅原猛の授業 仏教と道徳 第2巻

--------------------------------------------------
[No     ] 23
--------------------------------------------------
[書籍名 ] 梅原猛の授業 仏教と道徳    第2巻
--------------------------------------------------
[著者名 ] 梅原猛 
--------------------------------------------------
[出版日 ] 2005年3月
--------------------------------------------------
[出版社 ] 日本音声保存 57分
--------------------------------------------------
[価格   ] 1,980円
--------------------------------------------------
[開始日 ] 2010/10/18->10/19
--------------------------------------------------
[目次   ]
01 お釈迦さまは仏教の開祖
02 西洋の聖者は殺され、釈迦は静かに死につく
03 自分の欲望をコントロールするのが「滅諦」
04 仏教はカビ臭いものでなく自己管理の教え
05 静かな涅槃のお姿
06 お釈迦さまのすばらしい言葉
--------------------------------------------------
[メモ   ]
なかなか含蓄のある話だった。

2010年12月25日 (土)

[書籍名 ] 梅原猛の授業 仏教と道徳 第1巻

---------------------------------------------------------------------
[No ] 22
---------------------------------------------------------------------
[書籍名 ] 梅原猛の授業 仏教と道徳 第1巻
---------------------------------------------------------------------
[著者名 ] 梅原猛
---------------------------------------------------------------------
[出版日 ] 2005年3月
---------------------------------------------------------------------
[出版社 ] 日本音声保存 66分
---------------------------------------------------------------------
[価格 ] 1,980円
---------------------------------------------------------------------
[開始日 ] 2010/10/18->10/18
---------------------------------------------------------------------
[目次 ]
01 道徳教育と宗教教育
02 科学は必ずしも人間や地球を豊かにしない
03 神がなければ、文明も道徳も存在しない
04 まだ救いの方向は明らかになっていない
05 世界の宗教
06 神道と混合した土着の仏教が日本の宗教
07 森の神が殺されて都市文明が生まれた
08 生きとし生けるものが共存する東洋の思想
09 人間中心主義では五百年後に滅びてしまう
---------------------------------------------------------------------
[メモ ]
そういえば道徳教育をうけた覚えがない。
梅原先生の授業を聞いてみようと思いこの1巻から聞くことにした。

最初から考えさせられることばかりだ。

2010年12月17日 (金)

[書籍 ] 戒名は、自分で決める

---------------------------------------------------------------------
[No     ] 21
---------------------------------------------------------------------
[書籍    ] 戒名は、自分で決める
---------------------------------------------------------------------
[著者名 ]     島田裕巳
---------------------------------------------------------------------
[出版日 ] 2010年05月
---------------------------------------------------------------------
[出版社 ] 幻冬舎
---------------------------------------------------------------------
[価格   ] 740円
---------------------------------------------------------------------
[開始日 ] 2010/10/18
---------------------------------------------------------------------
[目次   ]

---------------------------------------------------------------------
[メモ   ]
これを読んだら戒名(法名)がほんとに必要なのかどうか疑問に思えてくる。
現在の仏教はほとんど葬式仏教。
戒名に高いお金を支払っているのは変だ。
「お気持ち」とはどういうことなのか?
いろいろな批判はあろうけど、一読してみる価値はある。

2010年12月14日 (火)

[書籍名 ] 脳と気持ちの整理術

ちょっと方向を変えて、脳の本を読んでみることにした。
---------------------------------------------------------------------
[No     ] 20
---------------------------------------------------------------------
[書籍名 ] 脳と気持ちの整理術
---------------------------------------------------------------------
[著者名 ] 築山節 
---------------------------------------------------------------------
[出版日 ] 2008年4月
---------------------------------------------------------------------
[出版社 ] NHK出版 4時間 02分 04秒
---------------------------------------------------------------------
[価格   ] 1,260円(税込)
---------------------------------------------------------------------
[開始日 ] 2010/10/14->10/15
---------------------------------------------------------------------
[目次   ]

01 はじめに
02 第1章 前向きな自分をつくる
03 第2章 思考の整理術―計画・実行力を高める
04 第3章 記憶を強化する技術
05 第4章 アイデアを生み出す技術
06 第5章 気持ちの整理術
07 あとがきに代えて
---------------------------------------------------------------------
[メモ   ]
この人の本はわかりやすい。
アウトプットを強化して脳を鍛えよう。

2010年12月13日 (月)

[書籍 ] 学校で教えない大事なこと

仕事以外で高校生年代といっしょに活動することが多い。
そんな彼らに向き合う為にこんな本を読んでみた。
---------------------------------------------------------------------
[No     ] 19
---------------------------------------------------------------------
[書籍名 ] 学校で教えない大事なこと
---------------------------------------------------------------------
[著者名 ] インタビュー佐竹大心
---------------------------------------------------------------------
[出版日 ] 1999年06月
---------------------------------------------------------------------
[出版社 ] 風濤社 187ページ
---------------------------------------------------------------------
[価格   ] 1,000円
---------------------------------------------------------------------
[開始日 ] 2010/10/05->10/07
---------------------------------------------------------------------
[目次   ]

01 音楽の聴き方
02 ケンカの作法
03 お酒の飲み方
04 女の口説き方
05 使える英語
06 おしゃれ
07 勉強の仕方
08 映画の見方
09 料理の仕方
10 教育論
---------------------------------------------------------------------
[メモ   ]
大人でも読んでみると面白い内容だ。


2010年12月12日 (日)

Galaxy TabにBizcaroid Liteを入れる

通常の手順なら、入力系のアプリをいれるところだが、今回は違う。
GalaxySにもインストールして重宝しているアプリを入れた。

Bizcaroid Liteという名刺のソフトだ。

簡単に言うと、名刺をカメラで撮影すると、氏名や電話番号などを自動的に電話帳に取り込むアプリだ。もちろん無料。

これが実に良く出来てる。
GalaxySでも良かったが、Tabにしてから画像のサイズが大きくなったのが効を奏して
読み取り率が格段に良くなった。

言葉でいくら説明してもわからないと思うので、一度インストールして試してみることをおすすめする。
人前でやってみたら、ほとんどの人がびっくりする。
もちろん、私もびっくりした。

名刺の管理がとても楽になった。
画像そのものはEvernoteにアップロードする仕組みだ。

Evaernoteというアプリは最初からインストールしてある。
このアプリの使い方は、イマイチ感覚がよくわからないが当面は名刺管理に利用することにする。

世の中にはすごいソフトがあるもんだ。感心と感謝(もちろん無料に)。

これが4番目のアプリ。

【書籍】井上靖 利休の遺したもの

たまには、まったく縁のない茶道の本でも聞いてみよう。
---------------------------------------------------------------------
[No     ] 18
---------------------------------------------------------------------
[書籍名 ] 井上靖 利休の遺したもの
---------------------------------------------------------------------
[著者名 ] 井上靖
---------------------------------------------------------------------
[出版日 ] 2003年10月
---------------------------------------------------------------------
[出版社 ] 新潮社(発行) 80分
---------------------------------------------------------------------
[価格   ] 2,000円
---------------------------------------------------------------------
[開始日 ] 2010/10/04->10/05
---------------------------------------------------------------------
[目次   ]

01 戦国の茶人 利休
02 茶は作品なのか、人間完成の道具なのか
03 利休の実相
04 利休 最後の茶
---------------------------------------------------------------------
[メモ   ]
昔は戦国武士の精神の拠り所だったのだろうか。
あの狭い茶室でどのようなやりとりが。
教科書には載っていない話が聞けて興味深かった。


2010年12月11日 (土)

Galaxy Tab にz4rootとTitanium Backupを入れる

Galaxy Tab。まっさらの端末をいろいろ触るのは楽しい。
試行錯誤の連続。

Xperiaを使っていたので、だいたいのところはわかる。
でも、用事しないといけないことがある。

それはバックアップである。
いつでも元通りになるという安心との引換。

まず、これが先決。
最初からあるバックアップのアプリは、対象フォルダが限られている。
私が取りたいのはシステムを含めた全部のバックアップである。

そこで登場するのがTitanium Backupというアプリである。
システムを丸ごとバックアップできるだけでなく、不要なアプリも削除することができる。

この不要なアプリとは、最初からインストールされているアプリだ。
私が全く必要としないアプリだ。これは人によってちがうが、使いもしないものを入れておくのはメモリの無駄だし目障り。私の好みではない。

しかし、このバックアップアプリ。
動作条件が一つある。

それはroot権限を取得することである。
仕事がらLinuxサーバを扱うことがあるが、root権限は管理者にとって必須。

例えて言うと、エクスプローラーの一番上のところからフォルダやファイルを見たり編集できたりする権限だ。今は途中からしか見えないようになっている。

Galaxy Tabは、最初からroot権限より下の階層で設定されているのでシステムフォルダなどは触れないように設定されている。
当然の設定だ。
誤って必要なファイルを削除してしまったりするとシステム全体が動かないことだってある。

でも、root権限を取得しないと必要とするバックアップが取れない。

このroot権限を取得するにはずいぶん手間がかかるが、これを簡単に処理してくれるのがこのz4rootというアプリだ。

これを手に入れた。(2010年12月現在。マーケットからはダウンロードできない。)
インストールして実行するとあっというまにroot権限を取得してしまった。

そうしてから、Titanium Backup(無料)をインストール。
無料版は、スケジューリングが週に二日しか設定できないが、ま、これで十分。

マイクロSDは16Gを購入してある。
32Gまで対応しているそうだが、内部メモリが16Gなのでひとまず16Gにした。

内部メモリからのアクセスが圧倒的に速いので、全体の運用は内部メモリ16G以内を心がけるつもりだ。

これで、ひとまず安心。

導入アプリはこれで3つ。













2010年12月 6日 (月)

Galaxy Tabに「Screebl ライト」を入れる

XperiaやGalaxySの時もそうだったが、スマートフォンは電池がもたない。

なので、電源を節約するアプリを入れて管理する。
電池を消耗する最大の原因が「画面の明るさ」だ。

しかしである。
せこく電源をオフにしたり、バックライトの消灯の設定などの間隔を15秒だとか30秒とかにすると普通に使っていてパッと画面が暗くなる。
それだけでなくロックされてしまう。いちいちロック解除しなくてはならない。
それがうっとおしい。でも、電池は持たせたい。

この両方のニーズの仲をかろうじて取り持つアプリが「Screebl ライト」である。

あらかじめ自分で設定しておいた端末の角度以上であればロックされない。
縦や横の角度を自分なりに設定できる。
メールや電子書籍を長い間読んだりしていてもロックされることはない。

よくできてる。というより、よく考えついたな。感心する。

このアプリは有料版があるが、無料版で十分である。

このアプリがインストール第1号。

2010年12月 4日 (土)

Galaxy Tabにray-outのカバーをつけた

24時間の内、16時間くらいをGalaxy Tabを触っている。
いつもツールをテストするときは徹底的に触ることにしている。

通勤電車の中で、ほんとに背広の内ポケットにいれたまま使えるのか?
をテストしてみた。

実際にオーディオブックを聴きながら、背広の内ポケットに入れてみた。
サイズ的にはギリギリの大きさである。
私は「聴く日経」という有料ポッドキャストを聞いている。
これを試した。

普段は、ICレコーダーに入れて聞いている。
再生速度をやや速くして聞きたいからだ。

カッターの胸ポケットに入るサイズではないので、背広の左側がやや重く感じるが
まあつかえないことはない。

付属のイヤホンには、音楽再生のボタンがあるので、そいつを押さえると一時停止や
再生が開始されるのでちょっと便利だ。

音質は普通。ウオークマン程はよくない。というより、これはプレーヤーの問題。
音質にこだわるなら、それなりのプレーヤーがあるのでそれを使うと良い。

ただ、途中で再生が終わって次の音源を再生させようとすれば、内ポケットから
取り出してから操作しなくてはならない。これがちょっと不便。
ま、それなりにでかいからしかたがない。

Galaxy Tabは画面が美しい。GalaxySと同じだ。
当然、美しい画面を傷つけたくない。
だから、保護カバーを買うことにした。
裸のままで使う人はいないだろう。

梅田のヨドバシに行って保護カバーを探した。
ところが、なかなか売り場が見つからない。

店員に聞いてようやく見つけたのは,iPhoneのグッズ売り場の片隅だった。
まだ、発売まもないのでアイテムも少ない。

いろいろな種類があるが、最初に探したのは、iPadでも使っているスタンドタイプのものだ。
あれは便利だ。ちょっとテーブルに立てておくのに重宝する。

ray-outというメーカーから、スタンドタイプのカバーが発売されていた。
ところが、これがごつい。システム手帳のような分厚さに変身してしまう。
ボタンがついているので、がっちり保護できるのはよいが、すっと取り出して使いにくい。

で、次に選んだのが、おなじくray-out製の「GALAXY Tab SC-01Cラバーコーティングシェルジャケット」。
2980円也。ラバーコーティングと画面保護のフイルムのセットである。
iPadのタイプが出たらそれに乗り換えるつもり。
それまでの間の保護カバーにしようと思う。

帰宅して、セットしてみた。
ところが、本体の表面保護フイルムの貼り付けに失敗してしまった。
携帯電話やデジカメのときもそうだが、少しでも空気やゴミが入ってしまうと美しくない。

細心の注意を払ったにもかかわらず、小さなゴミが一つ画面の横に入ってしまったのだ。
それが気になって、再度剥がしてからゴミをとろうとしたら、画面を拭いていたクロスがぺたっと保護フイルムについてしまった。
ゲー。と思って慌てたのがいけなかった。
よけいにクロスが貼りついたので、それまでふきとっていたゴミが全部保護フイルムについてしまった。

これじゃあ、クイックルワイパーについたゴミをわざわざフイルムにはさんでいるようなものである。
あーあ、これじゃ、保護フイルムだけかいなおさないといけない。とがっかり。

しかし、あきらめず、思い切って水道で洗ってみた。
慎重に乾かしてから、じっとみたら、全然効果がない。ゴミはしっかりと貼り付いたまま。

もう、だめかと思ったとき。ひらめいた!

文具好きな私は、スコッチのテープを持っているのを思い出した。
これは、テープを貼ったら紙面が透きとおって見えるというもの。

これを数センチずつ切り取って、保護フイルムの面にポンポンとつけて剥がしてみた。
するとどうだろう。おもしろいようにゴミが取れる取れる。

数十分で、元通りに美しい保護フイルムになった。

これで大丈夫。

今度は失敗せずに保護フイルムを貼ることができた。

うん、なかなかよい。
これで、傷からガードできるわいと喜んでいたのだが、今度は、背広の内ポケットに収まらないということがわかった。
元々、ギリギリのサイズなのでしかたがないとはいえ、ちょっと残念。

100ショップで買ってきた写真立てを置いて、そこにGalaxy Tab置き場を作った。
これは、とても具合がよい。サイズもぴったりなものが見つかった。

さあ、次はアプリだ。




« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »