« ファーストクラスに乗る人のシンプルな習慣 | トップページ | なぜか「仕事がうまくいく人」の習慣 »

2011年5月 9日 (月)

経験からの学習

モバイルツールの活用についてあれこれ考えている。
以前から、経験をデザインするような仕組みをITで提供できないだろうかと考えている。
そんなとき、この本を紹介するポッドキャストを聞いたので早速読んでみた。
---------------------------------------------------------------------
[No     ] 69
---------------------------------------------------------------------
[書籍名 ] 経験からの学習
---------------------------------------------------------------------
[著者名 ] 松尾 睦
---------------------------------------------------------------------
[出版日 ] 2006年6月
---------------------------------------------------------------------
[出版社 ] 同文館
---------------------------------------------------------------------
[価格   ] \3200
---------------------------------------------------------------------
[開始日 ]
---------------------------------------------------------------------
[目次   ]
第一部 先行研究の整理
 第一章 熟達化の理論的研究
 第二章 経験の実践的研究
第二部 経験学習プロセスの分析
 第三章 10年ルールの検証
 第四章 学習を促す経験
 第五章 学習を方向づける信念
 第六章 学習を支える組織
第三部 結論
 第七章 理論的・実践的な示唆
---------------------------------------------------------------------
[メモ   ]
モバイルをどのように活用するかを考えているところ。
以前から、経験をデザインできるようなモバイルツールを
開発したいと思っている。
この本には、営業マンやITコーディネーターの経験による学習に関する
興味深い研究成果が書かれてある。

情報を与えすぎると「学ぶ力」を阻害する可能性があるというのだ。
インターネットを利用した検索はとても便利で有用だが、あまりこれに頼りすぎると
自分の頭で解決策を考えることが少なくなってしまう。
知識共有のジレンマ(松尾 2004)と呼ばれるこの現象は、
私が以前から漠然とではあるが感じていたことと一致する。
自分の頭で考えさせて、かつ、ITを活用させるにはどうしたらよいか。
本では「良質な経験」を積ませることであると書いてある。
しかし、時代の変化とともに良質な経験を積む機会が減少しているのも事実である。

このあたりを考慮した仕組みつくりを考えてみたい。
再読したい本である。

#b1w0005

« ファーストクラスに乗る人のシンプルな習慣 | トップページ | なぜか「仕事がうまくいく人」の習慣 »

05 読んだ本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514829/51622266

この記事へのトラックバック一覧です: 経験からの学習:

« ファーストクラスに乗る人のシンプルな習慣 | トップページ | なぜか「仕事がうまくいく人」の習慣 »