« ターゲットシステムを作る | トップページ | フェルマーの最終定理 »

2011年5月30日 (月)

RSAが突如停止した

先日、三井住友銀行で利用している私のRSAが突如停止した。
RSAというのは、1分置きにワンタイムパスワードを発生しているセキュリティグッズである。

紙の銀行通帳を廃止して、WEB通帳に切り替えている。
パソコンでも携帯でも残高確認や振込みができるので便利だ。
だから、セキュリティを重視して、通常のIDとパスワードだけではなくワンタイムパスワードを利用することにしている。
このRSAがないと、いくらIDとパスワードを知られてもログインできないのである。

ところがである。
職場についてみると、画面にはなにも表示していないことに気がついた。
普通なら6ケタの数字がでたらめに並んでいるのに。
かすかにピコピコとうっすら点滅しているのだが、肝心の数字が見えない。

焦った。
なぜなら、その日はある口座に先日付で振込み予約をする日だったのだ。
当然のことながら銀行にログインできない!

あわてて銀行に連絡すると、窓口まで来てもらわないと処理できないとのこと。
ま、そりゃそうだ。と、続きの話を聞くと。
RSAの再発行には銀行の届け印と身分証明書が必要で、自宅に届くには1週間もかかるのだ。
つまり、その日中に処理できないのだ。

そしたら、振込みどーすんのよ。

その間はできません。

....。そんな、あんた。それは、あかんやろ。

俺、その振込みどうしたらええねん。

カードで振り込みできますが。

なにいうてんねん。今まで、WEBで振り込んでるから振込先の口座番号なんて覚えてるかい。

はあ。

そしたら、いつも振り込んでいる口座番号教えてくれ。

私どもでは、勝手にお客様の口座番号などを見ることはできません。

....。

すみませんの一点張り。

...こんなことやったら、今後の取引考えるわ。

と、もめていてもしかたがない。電話を切る。
私は、他にも取引銀行があるので調べてみた。
振込み先口座番号はどこにも登録していない!

しまった。こんなことなら、他の取引銀行にも登録しておくのだった!
リスクヘッジの甘さを痛感。
しかし、翌日中の振込みならギリギリ間に合うことがわかったので少しホッとする。

話に聞いたことがあるのだが、RSAというのは誤って洗濯機で洗っても大丈夫なように作られているとか。
裏側を見ると、今年の8月31日までの期限となっている。
もう、5年も使っているのだ。1か月前には新しいものを送ってくることになっていた。
肌身離さず大切にしていたし、安心していた。

だが、壊れることもあるのだ。(不思議でもなんでもない)

結局、翌日、ハンコ持参で銀行に申請した。

後でわかったのだが、RSAが壊れたらIDとパスワードだけでログインできるようにセットできるのだとか。

そりゃ、そうやろ。→ 行員の勉強不足だった。

とにかく、振込みできてよかった。

今回学んだこと。

[1] セキュリティのグッズ(RSA)を信じてはいけない。壊れることがある。
[2] 大事な振込み要件は複数の銀行に登録しておくこと。
[3] インターネットにすべてをまかせない。にも残しておくべし。

[ 2]と[3]はすぐに実行した。

#b1w0009





« ターゲットシステムを作る | トップページ | フェルマーの最終定理 »

00 INBOX」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514829/51806233

この記事へのトラックバック一覧です: RSAが突如停止した:

« ターゲットシステムを作る | トップページ | フェルマーの最終定理 »