« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月30日 (日)

再びtwitterからブログに戻ってみる

この半年、ブログからtwitterやfacebookに軸足を移して更新してきた。
自分の考えを整理してみよう。

[1] twitterの140文字発信について
 自分の文章力の無さというのか、思い通りの情報発信がままならない。
 最初は、自分の思いつくままのことを発信していればよいのだと思っていたけど
 それはとんでもない勘違いだった。
 趣味のtwitterならどんどん思いつくままに発信していても許されるだろうが、
 自分自身が有用な情報を提供しようとして発信する場合はしっかり考えないといけないな。

[2] facebookの中毒防止について
 facebookは面白い。自分の知り合いとの情報共有は時間や空間を越えて共感できる楽しさがある。
 中毒になりそうだ。
 何の用もなくてもfacebookを見てしまう。
 子供にゲームボーイの使い過ぎを注意した時のことを思い出した。
 自分がそうなってしまってる。本も読む時間が少なくなった。
 あるとき、これはいかんと思って距離を置くようにした。
 友達を増やすことも止めた。
 顔も知らないのに友達関係になるのにはどうも私の中には抵抗がある。
 ちょうど、購読という機能が出てきたのにはありがたかった。
 友達でなくても情報をシェアすることができる。
 上手なfacebookの使い方を学習しよう。

[3]一度ブログに戻ってみる
 趣味で更新しているもうひとつのブログは最近アクセス数が増えてきた。
 地味に更新しているのが功を奏しているのかもしれない。

 もう一度ブログに戻ってみようかな。

2011年10月27日 (木)

【Web解析】10/10 初級ウェブ解析士認定講座 実施記録

今、人気の「初級ウェブ解析士認定講座」の実施記録です。
最近、ブログやtwitterでは受講者の感想などが目につくようになってきました。

各地で開かれるオープンセミナーや協会の講座案内を知って、この講座を受けてみようかなと思っている方々も多いでしょうね。

そこで、講座の実施記録(私の反省記録)を公開することにしました。

少しでも多くの方々にウェブ解析の考え方やノウハウを持って帰っていただきたいと考えております。

------------------------------------------------------------+
  初級ウェブ解析士認定講座 実施記録
------------------------------------------------------------+

日時:2011年10月10日(月) 10時~18時
場所:KENスクール 第二ビル研修所
開催:一般募集せず。非公開。
講師:ウェブ解析士マスター 亀井耕二
受講:5名
資料:
1) JWDA初級WEB解析士検定(全員が事前購入)
2) 20110930修正【配布】【全部】初級ウェブ解析士講座1日講義用テキスト第2版用.ppt
3) 20110930修正【問題】初級ウェブ解析士講座1日講義用テキスト第2版用.ppt
4)【試験配布】試験会場配布資料201104版.doc
5) 受験票

★アンケート結果(5段階評価 最高5点、最低1点)
1 本日の講義内容 5点:5 4点:0 3点:0 2点:0 1点:0
2 講師について   5点:5 4点:0 3点:0 2点:0 1点:0
3 理解度         5点:2 4点:3 3点:0 2点:0 1点:0

★試験結果(全員合格)
最高86点、最低70点。(平均77.6点)

------------------------------------------------------------+
実施タイムテーブル
------------------------------------------------------------+
09:15 研修所の鍵を借りる
09:30 研修所を開錠。
09:45 受講者が来場。席のセット。
09:55 挨拶
10:00 初級ウェブ解析士認定講座についての説明
   Lesson1 開始
10:50 休憩
11:00 Lesson2 開始
12:15 お昼休憩
13:00 Lesson3 開始
14:10 休憩
14:20 Lesson4 開始
15:30 休憩
15:40 Lesson5 開始
16:30 講座終了
16:35 パソコンの受験セット
16:45 試験開始
17:45 試験終了
17:50 全員合格を確認。
      今後の予定や認定書申請についての説明
17:55 解散
------------------------------------------------------------+

気づきメモ
[1] 検定本は全員が事前にamazonで購入。
    予習してもらうためにもアマゾンでの購入をお願いした。
    当日に配布していたのでは講座の内容を理解してもらうのはむずかしい。
 私が主催する場合は今後もアマゾンでの購入を依頼しよう。

[2] 講義用テキスト3章問題2に誤植を発見。
    11月の英語表記が間違っている。(細かな点だが)
    [05/Nob/2009:01.. → [05/Nov/2009:

[3] 講義用テキストには「4章 問題1」と「4章 問題2」が二つある
    Lesson3とLesson4の両方に同じ章立ての問題番号が振られている。

    テキストの冒頭の目次の内容と合っていないことに気がついた。
 (テキストの内容には関係ないが)

    Lesson4では「5章 問題1」「5章 問題2」..「5章 問題4」としてはどうだろう。

[4] 講義用テキストの5章 問題2のCTR,CTC,CPC,CPA,RPAS,ROIの
    記入する表が見づらい。(受講者の意見)
    そのあとに表示される「【参考】上級ウェブ解析士の問題」で表示される表のように横に並べたほうが見やすいとのこと。
私もそう思う。次回より少し内容を検討したい。

[5] 各章のまとめがある場合とない場合がある
    「第1章のまとめ」、「第3章のまとめ」、「第4章5章のまとめ」、「最後に」がスライドとして存在している。
    各Lessonごとに休憩をはさむなら、その直前に各章のまとめを掲載しておいて受講者に確認するほうが理解度が向上する上で効果的だと思う。

[6] グーグルアナリスティックの実画面を見せながらの説明。

    グーグルの画面を見たことがない受講者が何名かおられた。
    そこで、思い切って午後からのプログラム(Lesson3以降)では、
    私の運営するサイトのグーグルアナリスティックの画面を表示させながら各用語の説明をしたところ、みなさんに好評であった。
    説明の時間が延びてしまったが、講義方法としてはなかなか良い手法だと思うのでうまく組み合わせたい。
    事前にテキストに参考資料として組み入れてもよいかもしれない。

[7] 1台のパソコンが「ウインドウズの自動更新の確認」。
    もう1台にはFLASHの自動更新の確認が表示される。
    これらを更新したために再起動を含め10分ほどかかった。
    試験を実施するなら、当日の休憩時間を利用してアップデートなどを確認しておくこと。(反省)

[8] トータルの研修時間は6時間で考えたい。
    実際の時間は6時間半だった。(昼休みと休憩時間を含む)
    今回は受講者からの開催リクエストがあったこともあり、理解していただくために時間をかけてみた。
    特に[4]の説明を入れたためにさらに30分延長したことになる。
    結果的に受講者の満足度が向上したので良かったと思っている。
    上級受講へのモチベーションも維持できた。
    協会が主催する場合の標準時間は5時間だ。(休憩時間は除く)
  休憩時間などを考慮するとトータルでは6時間を標準に考えたい。

[9] 全員合格でホッと胸をなでおろす

 今回は事情があって当日に試験を実施した。
 私の講義内容に不備があって試験に不合格となったら申し訳ない。
 試験時間の60分間。心の中でどうぞ全員合格しますようにと祈っていた。
 よし!全員合格!
  次の講座。今回を参考にしてよりよい講座を目指そうと思う。

[10] 次回講師予告

 是非、ご参加ください。お待ちしております!

 ■内容:初級ウェブ解析士認定講座
 ■開催:12月10日(土) 13:00-18:00 ケンスクール大阪第二ビル校
 ■講師:亀井耕二(ウェブ解析士マスター)

 ■お申し込みはこちらから。
  申し込みフォームのご意見欄に「12/10亀井」と記入してください。

以上

2011年10月16日 (日)

GoodReader+aHomeIconでiPadでサッと情報を引き出す

iPadを使っていると自分の欲しい情報をサッと取り出したい時がある。 

iPadのアプリはどれもインターフェースがよくできている。

それぞれのアプリで扱うデータを閲覧するには便利にできているんだが、

当然のことながらいちいちアプリのアイコンをタップして探さないといけない。

 

それが面倒だ。1回でもタップを少なくしたい。

 

私が閲覧したいのは仕事の書類データ。ワードやエクセルなどのファイルだ。

情報種別を決めて、doropboxとevaernoteに分けている。

そして、必要な時にGoodReaderで閲覧している。

なんとか、これらのデータをサッと取り出せないか?

できれば、iPad上にアイコンを配置して、それをタップすれば目的とするファイルが表示させるようにしたい。

 

そこで、いろいろアプリを探した結果、次のような仕組みにしてみた。

[1] aHomeIconというアプリをダウンロードする。(無料)

これは自分の気に入ったアイコンに電話機能やURLなどを登録するアプリだ。

ちょっと動作が変なところはあるが、今回はこれを使う。

 

[2] GoodReaderを起動して「Manage Files」をタップして目的のファイルをチェックする。

 

[3] [2]の状態で「Link」をタップ。

これで、そのファイルまでのリンクデータがクリップされる。

 

[4] [1] を起動して「+」をタップ

 

[5] とりあえず「ウェブ」のアイコンをタップ

すると、「クリップボードを使用してください」と表示されるのでその表示をタップ。

これで、[3]の情報がアイコンに登録された。

 

[6] [5] の確認画面がでるのでそれでよければ「完了」をタップ。

 

[7] 画面上にアイコンが表示されるので動作を確認する。

これで自分の使いたいファイルがアイコンとして一覧できた。

まだまだ改善の余地のあるアプリだが、使い方によっては簡単なシステムとして使えそうである。

2011年10月13日 (木)

新しくなったDAIGOのメモ専科を使い終えての感想

長年使ってきたDAIGOのメモ専科。
まとめ買いしている。
そろそろストックが無くなったので新しく買い求めたら内容が変わっていた。
今年の6月から使い始めて、ようやく一冊目を使い終えたので感想を書きとめておく。

[1] 表紙が少しツルツルしている
個人的には前の表紙のほうが好きだ。
でも、問題はない。

[2] ページが17行から16行に減った。
個人的にはこれが一番ダメ。早急に元の17行に戻してほしい。
今までは午前6時から22時まで(全部で17行)の時間帯別予定表を作成していたが、16行だと21時までしか記入できない。また、他のページについても記入量が減ってしまった。

[3] ページ上部のスペースが広くなった。
おそらく[2]で1行減らした分をここで広くしたのだろう。
いままでは日付しか記入していなかったが、起床時刻、体重、血圧、天候などを記入することにした。
これはこれで利用できるが、ここをこんなに広くする必要があるのかな?

[4] ページの縦の区切りが11から10に減った
これもダメ。レイアウトが一つ減っただけでかなり使い勝手が悪くなった。
奇数の方が便利に区切ることができる。
これも元に戻してほしい。

[5] 全体的な感想
60点。
17行から16行に減った、縦線区切りが11から10に減った。
という2点について大減点。

今のところ他の手帳に乗り換える気はまったくないので次のバージョンを首を長くして待つしかない。

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »