« Pマーク審査員補研修が終わりました | トップページ | DAIGOのメモ専科でCamiAppとSHOT NOTEを試してみた »

2011年11月 7日 (月)

ガー・レイノルズの本を借りてきた

ここ最近、固い知識ばかり頭に詰め込んできたので気分一新することにした。
中之島図書館で借りてきた本は「プレゼンテーションZEN デザイン」という本。
ガー・レイノルズの本だ。

サブタイトルに「あなたのプレゼンを強化するデザインの原則とテクニック」と書いてある。
パラっと読んでみた。

「本書はどのような読者を対象としているのか?」

すると、こう書いてある。

この本は専門的な訓練を受けたデザイナーを対象にしたものではない。
本書はデザイナー以外のあらゆるプロフェッショナルー教師、ビジネスマン、企業の幹部、さらには学生たちーのためにかかれたものだ。

おお、それだったら私も対象に入る。
面白そうだ。

これはじっくりと読まないといけない本だと思った。

私はいつも本との出会いに不思議な縁を感じる。
なぜ、この時期にこの本を読むことになったのかと思うのである。
すると、周辺にその知識が必要な事象があることに気付く。
私が今、一番に必要とするのはアプリケーションの優れたインターフェイスデザインなのだ。

無意識に自分自身がそういう本を探しているのかもしれない。

まあ、そう深刻に考えずにリラックスして読むことにしよう。

« Pマーク審査員補研修が終わりました | トップページ | DAIGOのメモ専科でCamiAppとSHOT NOTEを試してみた »

05 読んだ本」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514829/53189390

この記事へのトラックバック一覧です: ガー・レイノルズの本を借りてきた:

« Pマーク審査員補研修が終わりました | トップページ | DAIGOのメモ専科でCamiAppとSHOT NOTEを試してみた »