« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月30日 (月)

【WEB解析】1/28 上級ウェブ解析士認定講座 Day2

寒い! とか言っても、熱く二日目に突入です。

------------------------------------------------------------+
上級ウェブ解析士認定講座 Day2 実施報告書
------------------------------------------------------------+
日時:2012年1月28日(土) 12時~17時
場所:KENスクール 第二ビル研修所
講師:亀井耕二
受講:3名
資料:
1) 上級ウェブ解析士講座2ver05_亀井
2) 上級_Day2_時間配分表
3) 上級ウェブ解析士講座2解答集
4) 上級_Day2_アジェンダ

★アンケート結果(5段階評価 最高5点、最低1点)
1 本日の講義内容 5点:3 4点:0 3点:0 2点:0 1点:0
2 講師について    5点:34点:0 3点:0 2点:0 1点:0
3 理解度             5点:1 4点:2 3点:0 2点:0 1点:0

★認定試験結果(講師予想)
おそらく全員合格。
------------------------------------------------------------+

実施タイムテーブル
------------------------------------------------------------+
12:00 課題レポートフィードバック
   -課題レポートグループワーク
   -課題レポートから得たいこと
   ウェブ解析の課題発見
   -ウェブ解析の設計
   -トラフィック分析課題発見 4つのポイント
   - ノーリファラーの課題と解決
   - 参照元からユーザーの価値観を覗き見る
   - 検索エンジンシェアの課題発見
   - 広告の課題と改善
12:55 休憩
13:05 -検索ワード分析の5つのポイント
   -コンテンツ分析 5つのチェックポイント
       - 閲覧開始ページの課題発見

         - 回遊ページの課題発見
   - 反応装置へ誘導する
13:50 休憩
14:00 -フォーム分析
   -基準値を正しく用いる
   ウェブ解析士とは
15:30 休憩
16:00 認定試験
17:00 試験終了
17:10 講座終了

------------------------------------------------------------+

[気づきメモ]
1.当日一人が欠席された。
事前連絡はなかったので心配した。
前回、遅刻の人を待ってしまったので今回は時間ちょうどに開始した。
ちょうどグループワークの時間だったので15分ほどしてから電話連絡を
入れるも不在。留守電だけいれておいた。
後で事務局に対応について問い合わせることにした。

2.グループワークは前回同様に盛況であった。
やはりこの時間は盛り上がる。今回も12時からの開始としたので
午後1時前まで活気あふれる時間となった。
1人欠席されたので奇数となってしまったが、当日手伝いにきてもらった方に
ペアとなってもらった。支援者はこういう時にありがたい。

3.演習のやり方を工夫した。
時間切れを避けるために、「1人ずつ答えを聞いていく」演習と「一度に回答を見せて解説を中心」にする演習に分けてみた。
単なる計算問題と理解してもらわないといけない問題とに分けた。
これが案外効率的な時間配分になったと思う。

4.私が考案したサイトの流入流出の図を資料として配布した。
前回好評だったので資料として配布した。
もちろん、ホワイトボードにも書き出した。
今回も好評だった。やはり、図などを活用すると理解度が上がる。

5.話方の工夫
前回、少し早口だとの指摘があったが今回はテンポが良いと言われた。
どこが違うのか自分でもよくわからない。
フレーズを短くして、フレーズ間を少し間を置いたのがよかったのかもしれない。
ジャパネット高田の社長さんの説明は1分間に550文字くらいで話すというが、
私の場合は実測で350文字くらいだ。もっと早くてもよいのかもしれない。

6.上級カリキュラムが改訂される予定だと説明した。
受講者はそのことをすでに知っていて、変更(追加)になった内容を後で教えてもらえるのかとの質問を受けた。
今はわかりませんという私の回答に、後日で良いので教えてほしいとの声が上がった。
できるだけ努力しますと答えるに留めました。

今回の反省をもとに次回もよりよい講座を目指したい。

以上

2012年1月21日 (土)

ブクレコを使ってみることにした

私が読んだ本はヒントをメモしてほとんど捨ててしまっていた。
古本屋に売るのも面倒。
でも、本を捨てるっていうのは勇気がいる。
本の神様に怒られそうだが、「捨てる勇気」がないと片付かない。

この1年ほど、iPhoneやandroidやipadとモバイルツール漬けになってしまって
読書量が激減してしまった。
それで、これはいかんと2012年からは多読に挑戦することにした。

ところで、そうなるとたくさんの本の感想をこのブログに書きこまなければならない。(読めればの話だが)

なんとなく面倒だなと思っていたら「ブクレコ」(http://www.bookreco.jp/)というサービスがあることを知った。無料である。
早速、試してみた。

読んだ本やこれから読みたい本などを登録しておくことができる。
もちろんレビューも書き残せる。アマゾンで注文することも可能だ。
とりあえず10数冊登録してみた。簡単に登録できる。

facebookやtwitterなどと連携することもできる。

ま、いいんじゃないかな。
少々軽いノリだが始めることにした。

なので、このブログでの本の登録は止めることにする。
リンクだけは貼っとくか。




2012年1月18日 (水)

[ウェブ解析] 2012/1/14 上級ウェブ解析士認定講座 一日目

新年早々の上級ウェブ解析士認定講座一日目です。

------------------------------------------------------------+
  上級ウェブ解析士認定講座 Day1 実施報告書
------------------------------------------------------------+
日時:2012年1月14日(土) 13時~18時20分
場所:大阪(梅田) KENスクール 第二ビル研修所
講師:亀井耕二
受講:4名
見学:2名(ウェブ解析士マスター)
資料:
1) 上級ウェブ解析士講座ver03_亀井
2) 上級_Day1_時間配分表
3) 上級ウェブ解析士講座解答集
4) オリジナル仮説検証シート(亀井)
★アンケート結果(5段階評価 最高5点、最低1点)
1 本日の講義内容 5点:4 4点:0 3点:0 2点:0 1点:0
2 講師について  5点:3 4点:1 3点:0 2点:0 1点:0
3 理解度     5点:2 4点:2 3点:0 2点:0 1点:0
------------------------------------------------------------+

実施タイムテーブル
------------------------------------------------------------+
12:00 講師紹介
    講座についての説明(全体像を重点的に説明)
    ウェブ解析戦略構築
    -現状分析
    -既存ビジネスの再定義

12:50 休憩

13:00 -KPIの設定
    -ウェブ解析の設計

13:50 休憩

14:00 -ウェブマーケティング計画の立案
   -計画は目標から逆算する
   ‐分析で欠かせないセグメント
   ‐ウェブマーケティング計画立案1
   ‐ウェブマーケティング計画立案2
   ‐ウェブマーケティング計画立案3

14:50 休憩
   
15:00 時系列分析とコメント記述
   -解析タイムスケジュールの設定方法
   -時系列分析の見方
    分析する際の3つの視点
    時間帯分析3つの視点
    日別分析6つのポイント
    業種・属性の知られざる特徴
    時間帯分析を使いこなすポイント
    時間帯からユーザーを読み解く
   オリジナル資料の配布(亀井)

15:50 休憩

16:00 -コメントの書き方
    日別・時間帯分析演習
    一日目振り返り
    課題レポート1
    課題レポート2(後日事務局よりメールにて配布)

17:00 講座終了
------------------------------------------------------------+

気づきメモ

[1] マグネットシートに項目を書き出してホワイトボードに張り出してみた。
     可視化を狙ったが、効果があったかどうかは不明であった。
     もう少し、工夫が必要かもしれない。

[2] 委員会の説明時間を省略。
  初級でも同じようなスライドがあるため説明時間を省略。その場で受講者に確認したが不満はなかったようだ。

[3] [2]のおかげで、15分程時間を稼いだ。
     ほぼ定刻に講座を終えることができた。

[4] 講座の開始時間を12時からとして通常より1時間繰り上げ。
      一番眠くなる時間帯に演習をぶつける。午後5時までに終えることで
      少し帰り時間に余裕が持てる。この二つの理由からだ。
      受講者にも好評であったようだ。

[5] 途中で、見学者(マスターの方)からの差し入れでおやつを配った。
      ブレイクタイムで場が和んだ。

[6] 講座の終了直前にプロジェクターのランプが切れた。
      ほとんど影響がなかったが、このような場合に備えてテキストだけでも
      講座を進めることができるようにしておきたい。
      そのためにも、ホワイトボードなどをもっと有効活用できるように工夫
      しておこう。
      

以上

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »