« 平成24年度の都道府県別ウェブ解析士の受講者数はどうなる? | トップページ | [WEB解析] 7/21 (広島) 上級ウェブ解析士認定講座 二日目 »

2012年7月26日 (木)

ウェブ解析士のオープンセミナーを考える

先日、お誘いを受けたのでオープンセミナーに参加してきました。
さてさて、どのような結果になるのやら。

-----------------------------------------------------------+
  オープンセミナー 広島
------------------------------------------------------------+
日時:2012年7月21日(土) 10時30分~11時30分
場所:広島国際大学 セミナールーム2
講師:亀井耕二
受講:12名
資料:
1) ウェブ解析士認定講座のご案内(事務局準備資料)
2) ウェブ解析士認定講座説明(協会提供資料)

★アンケート結果(5段階評価 最高5点、最低1点)
 1 本日のセミナーの満足度 5点:5人 4点:6人 3点以下:0人

------------------------------------------------------------+
実施タイムテーブル
------------------------------------------------------------+
10:00
・自己紹介
・こんなことにおもいあたりませんか
・アクセス解析とウェブ解析の違い
・JWDAのウェブ解析の範囲
・ウェブ解析士とは
------------------------------------------------------------+

再生:冒頭の話(5分間)

[1] オープンセミナーとは「下心」である
初級講座受講への誘いであることは、参加者も重々承知しているはず。
それでも私は参加者の心を奪わなければならない。
持ち時間は1時間。ポイントを絞った。
オープンセミナーでは、ウェブ解析士のことを理解してもらうために
演習形式にする形式が多い。
しかし、これだと少なくとも1時間半は必要だ。
このため、ウェブ解析士にポイントを絞り直球で勝負した。


[2] 最初にケーススタディを持ってきた

初めて訪れる場所で初めて参加者と会う。参加者の動機などわからない。
用意した資料がピッタリとくるものかどうかもわからない。
期待外れのセミナーほどつまらないものはない。
「セミナー直帰率」を高める結果になるだろう。

全員を「話の最後」まで連れて行くにはどうしたらよいか?
思案した結果、冒頭にケーススタディをいくつか用意することにした。
どれかのケースが参加者の意図に合うかもしれない。
これだと、ほぼ全員をストーリーにつれて行けるはずだと考えた。

話の途中で参加者を見ると、たくさんの人々が熱心にメモを取っている姿がみえた。
うれしくなった。でも、良く考えると私は資料を配布していない。
メモを取るしかない状況だった!どうりで。
アンケートの結果を見るとほぼ半分の人が「大いに満足した」とあった。
この方法はよかったのかもしれない。


[3] いいことばかりを言わない
オープンセミナーではウェブ解析士の受講を促すために話を構成する。
途中で演習を交えながらメリットを理解していただくようにするのが普通だ。
しかし、私はこのやり方があまり好きでない。
デメリットを説明するようにしている。
正確には、デメリットというよりメリットを維持するための要件だ。
つまり、日々の努力。勉強する姿勢がないとどんな資格も色あせていくということ。
ウェブ解析士を名乗るからには、「私はウェブ解析のことで一生懸命努力しています」
ということを言えなければならない。分進秒歩のインターネットの世界。
うかうかしているとあっという間に置いて行かれる。
当たり前のことだが、過剰な事前期待をあおると資格取得後の落胆が大きくなる。
そんなことを話すようにしている。


[4] オープンセミナーのKPIとは
まずもって、初級講座の申し込み。次に、初級テキストの購入。
そして、アンケートを通じたメルアドの入手。最後に名刺交換。
こんなところだろう。
KPIを設定するだけでオープンセミナーも励みになる。


[5] アンケートの結果からコンバージョンを予想する
非常に満足したという方は10人中5名。満足が5名。
ということは50%の人が「脈あり」とみてよいだろう。
もし、「普通」と回答されたら、それは「セミナー直帰」だ。
残りの5名の方はどうかとみると、そのうち2名ほどがコメント欄に是非初級を受講したいなんてことが書いてある。まあ真偽のほどはともかく確率的に半分とみなそう。
そうすると最初の50%と足して合計60%(つまり6人)が最大期待値である。
でも時間が経つと忘れるからその半分の30%を最大期待値としておこうか。
ずいぶん自分勝手なことを考えるものである。でも考えているだけで面白い。


[6] 初めて自分をビデオ撮影してみた
第三者の目で自分を見る必要がある。
そういう思いから、自分の講座内容をビデオ撮影してみた。

第一声。ああ、こんな感じなんだ。思わず見入った。
話し方がヘタだなあ。声は少々甲高いので良く通る。
早口になった時のワンフレーズの語尾が聞き取りにくい。
これでは参加者もメモを取りにくいだろう。
もう少し、ゆっくり明瞭にしゃべるようにしよう。

それに、いやに目をパチパチさせているじゃないか。
自分では気づかない癖だ。

気をつけよう。いままでで一番参考になったデータだ。
参加者の立場で「もっと話を聞いてみたい。」と思う。
そんな講師になりたいものだ。

------------------------------------------------------------+

[WEB TAMAGOのアシスタント日記]

今回は大阪を脱出し、広島で開催のオープンセミナーを見学させていただきました。
朝5時起きで、大阪から広島へ・・・(~O~)ふぁ~

オープンセミナーは初めて。
幅広い年齢層の色々な職種の方が参加されていました。

1時間という短い時間の中で、伝え興味を持っていただく。
大変難しいことだと思いますが、今回参加された多くの方が
講師の話に深くうなずきながら、熱心にメモを取っている姿がとても印象的でした。
ノートいっぱいに、ギッシリ書き込んでおられる方もいましたφ(..)

WEB解析に興味を持っていただき、少しでも多くの方が受講していただければと思います。

« 平成24年度の都道府県別ウェブ解析士の受講者数はどうなる? | トップページ | [WEB解析] 7/21 (広島) 上級ウェブ解析士認定講座 二日目 »

04 Web解析」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514829/55279590

この記事へのトラックバック一覧です: ウェブ解析士のオープンセミナーを考える:

« 平成24年度の都道府県別ウェブ解析士の受講者数はどうなる? | トップページ | [WEB解析] 7/21 (広島) 上級ウェブ解析士認定講座 二日目 »