« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月31日 (金)

終わってみれば楽しい勉強会

ウェブ解析士 提案の実践法則! 終わってみれば楽しい勉強会

ウェブ解析士マスターの亀井耕二です。
5月25日に大阪で勉強会を開催してきました。
定員18名を上回る21名の参加者で開場はパンパン。

今回は、勉強会のことをお話ししますね。

 

● 発表者たち
私の開催した上級講座を受講された方々に発表をお願いしました。
初めての方もおられますし、2回目という方もおられます。
いろいろな職種の方々なのでおもしろい発表が聞けました。

みなさん、めっちゃ緊張したと言ってます。
外から見てたら落ち着いて話をしてましたぜ。
いやー、いっぱい間違った!(そーなんですか、気がつかなかった)

発表された方は、次も発表したいそうです。
関西方面の上級ウェブ解析士の方、発表してみませんか?

 

● 演目について
これが実に悩ましい。
自由に発表していいよって言われれば、あなただったら何を話します?

自分が知っていることは、みんな知っている?
そんな気がして尻込みしてしまいませんか?

でも、案外そーでもないってことがわかります。
恥をかく覚悟で発表してみたら怖い物はなにもない。
(いつも、大恥かいてます。私)

アンケートを読んでみると、予想したとおり幅広く評価されていました。
無料勉強会ではいろいろな動機を持った人が参加します。
だから、参加者全員の興味ある話題も散らばる。

参加者全員をうならせる必要はありません。
勉強会だから、どなたか1人にでも参考になればよしとする。
そう考えると気が楽になります。

---->

 

● 参加型の勉強会の工夫
参加者の背景がわからないので、どういう企画が受けるのかわからない。
最後まであーでもないこーでもないと調整。

黙って聞いているだけやったら、おモロないやないですか。
(関西の人間は、すぐにウケを考える癖がある)

前回から、ゲーム感覚のウェブ解析研修をいろいろ工夫してます。
結果的にまあまあのウケだった。
それもこれも前回の経験が生きているのかな。
次はもっとおもしろい展開を考えてます。

---->

● 懇親会では色々質問されることが多い!
なんといっても一番のお楽しみ。
勉強会では質問しない人も、懇親会では質問してくる人が多い。

無料だから遠慮しているのかもしれない。と思ったがそうでもない。
アルコールが入ると決心がつくのだろう。← おまえもな

懇親会で一気にはじけるように話が進んだ。
解析士の話題で盛り上がる。盛り上がる。
こうして普及するんですよ、きっと。

---->

● 次回参加の意思を表示する人が多かった。
初めての方も、経験者も、次回の参加案内を希望する人が多かった。
雰囲気を知って、これならと思ったのかもしれない。
このきっかけを大切にしたいと思います。はい。

● 更新要件の伝え方
上級ウェブ解析士の更新要件をどのように協会に報告したらよいのか?
そういう問い合わせが数件。自分で申告するように連絡。
ま、そう言わず、また来てくださいな。そうですね。
このノリが大切か。

● 次回(7月6日)は、なんと金沢で勉強会をやります
ちょっとPR。テキスト広告。パラメータなし。← 単なる手抜き

なんで、金沢やねん?
はい、おもろそうやから。気分を変えて金沢へ。癒やされに行きます。
北陸の上級ウェブ解析士の方、是非ともご参加ください。
そして、手伝ってください。人手が足りません。
懇親会の場所、探してください。現地、詳しい方お願いします。

● 7/6金沢 第3回「ホームページをコストで終わらせないために」
http://www.kameikoji.jp/seminar/workshop/

以上

2013年5月23日 (木)

10分間の格闘

ウェブ解析士 提案の実践法則! 10分間の格闘

ウェブ解析士マスターの亀井耕二です。
最近、なぜか5時前に目が覚めてしまう....。(年か...)
そして、6時半に元気にラジオ体操。
いっち、にー、さん。と10分間。

そう、サイトの日次チェックは10分間で。
上級ウェブ解析士認定講座ではそう教えますね。

(まったく関係のないネタ振り。すみません。
 マクラ言葉と考えていただいてかまいません。)

本題に戻ります。

でも、実際やってみるとあっという間に10分間が経ってしまいます。
みなさんはいかがですか?
今回は私が実践している方法をご紹介しましょう。

10分間で必要な「チェック」を済ませて「記録」するには
手順を決めておかないといけません。
ラジオ体操と同じです。(まだ言うか)

1.指標(KPI)は必要最低限
たくさんあればいいというものでもありません。
とにかくその場で、ぱっと判断できるものにしています。
重要KPIから3つだけに絞っています。
3つあれば十分です。他に見たい指標があっても我慢します。
KPIの再評価は1ヶ月単位でやっています。

-

2.手順を決める
できるだけ簡単に。
私の場合は、日次の記録をウェブにしています。

1) ウェブサイトにアクセスする(1分)
2) 指標をチェックする(3分)
3) Googleアラートをチェックする(2分)
4) コメントを記録する(4分)

-

3.よそ見をしない
一気にゴールを目指します。
ウェブ画面を見ていますと、「つい」、他のサイトを見てしまいます。
「つい」をなんとしても制御しないといけません。
日次10分の壁を越えないようにするにはこれが一番重要かもしれません。

-

4.ツールを上手く利用する
最近は、iPhoneから直接Google Analyticsの集計結果を確認。
「Fishead Analytics」という無料アプリです。
これがなかなか便利で気に入っています。

このアプリを手元において参照しながら日次を記録しています。
Googleにログインしなくてもいいので、よそ見の心配も減ります。

-

5.インデックス情報をチェックする
Googleのアラートも「前日分」だけをチェックします。
関係がありそうだったら、キーワードだけ抜き出します。

ただし、サイトによっては「1週間前」とかの情報が影響したりします。
それぞれの相関は把握しておく必要がありますね。
ここでも、Googleの内容を見出すと止まらなくなりますので要注意です。

-

6.出来事は1行で記録
例えばこんな感じで記録します。
5/12-圏外ー訪問200ー直帰5505ー滞時0130-「Day1 内容」で検索ヒット
「%」や小数点、時刻の「:」は省略して入力操作をシンプルにしてます。
一行にしているのは、コピペがしやすいのと31行で1ヶ月分をまとめて表示できるからです。
 コメントは詳しく書きません。キーワードだけ書きます。
自分だけがわかればよいからです。

こんな感じで10分間格闘してます。

いかがでした?
ほどんとやってる?参考にならない?

失礼しました。
もっと精進して、日次チェックの達人になります。

◇「ウェブ解析士 提案の実践法則!」 http://www.kameikoji.jp ◇

2013年5月21日 (火)

誠意のある対応?

今日も元気に朝5時に起きて勉強しよか。(単に早く目が覚めただけ)

5時半には、朝ご飯を食べて6時半にラジオ体操するのが日課。
その後はベランダで木刀を100回ほど振ることにしてる。

外へ出てみよか。ええ天気や。
昨日干した洗濯物がぶら下がっている。

あっ、そうそう。と、思い出してキッチンに戻った。
5分後、ベランダに出てみたら。

洗濯物のうち、シャツが2枚落ちてる?

あれっ、カッターシャツはそのまま2枚ぶら下がってる。
風なんか吹いてないのに....。

ベランダをキョロキョロ見回してみたら、針金ハンガーが見当たらない。
マンションの下をのぞき込んでみようとしたができない。
そもそも、張り出した構造になっているので下は見えないのだ。

おいおい、なんやこれ。
めっちゃ気持ち悪いやん。

ひょっとして、下着泥棒か!

いやいや、こんなおっさんの下着を取りに、わざわざこんな高層マンションまで
危険を冒すやつなんておらん。はず。そう、信じたい

....。

そういえば、最近....。
針金ハンガーの数が妙に足りない。
先日の強風のときにも肌着がベランダに落ちていたが、よく考えたらその時も
ハンガーはなかった。

やっぱ、下着泥棒か。オレのこと、独り暮らしの女性と思ってたりして。

いや、ないない。そんなわけないやろ。

ベランダの手すりのところをみてたら、キズあとがある。
あきらかにハンガーのキズや。

こうなったら、完全に推理小説やな。事件発生ってやつや。

なんてこと考えていたら、遠くにカラスの鳴く声が...。

あっ、ひょっとして、あいつらとちゃうん?
巣作ってるとちゃうんか。オレの大事な針金ハンガーを使って。

せやけどや、どうやって、洗濯物だけ外してハンガーだけ持っていくんや?
なんで、カッターシャツだけ残ってるねん。

あっ、そういえば、カッターシャツだけボタン留めてるし。

そんなあほな。

カラスはボタン留めてるシャツは無視して、肌着を掛けてるハンガーだけ持って行ったってか。

そんなに賢いんか。あいつら。カーの一声も鳴いてないんやで。

証拠はどこにもない。たった、5分の間の凶行や。

どう考えたって人間業ではない。宇宙人か。

いやいや、それもない。今更、なんで俺んとこにUFOさんが来るねん。

今のところ、訪問される理由はない。

わからん。謎や。謎だらけや。

どないしょ。もう、外に洗濯物干されへん。

いやいや、まだ方法はある。ハンガー留めを買ってきて留めてみよう。

効果があるかもしれん。

もし、それでも取られたらどうする?

考えただけでこわいから、考えるのやめとこ。

せやけどや、オレの大事な洗濯物だけは残していってくれてるっていうのは

誠意ある対応っていうこちゃな。

そうや。とにかく誠意を信じよう。

明日はどうなる。

2013年5月16日 (木)

平均的な訪問者はおらん

そうなんや。

数字を足して総数で割る。
平均がでる。

すると、平均の人がいるような錯覚に陥る。
そんな人はあんまりおらんのに。

じっさいは極端な人とそうでない人が適当に混ざっているだけ。

ウェブ解析をやっていると、つい、錯覚してしまう。

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »