« 発表者と参加者 | トップページ | 楽しいメニューはいかが? »

2013年9月10日 (火)

システムの提案は最低レベルから

今日、あるシステムの提案を受けた。

全部で1500万くらい。メンテは年額300万か。
私の直感では、700万くらいの投入で、メンテナンスは120万くらい。
そのくらいだったら購入を検討してもいいかなと心の中で思っていた。
経験で工数がわかるのだ。
それに今までの異業種との交流経験が大きい。相場もわかる。

でも、提案者は私の経験値を知らないから、さも必要な構成だといわんばかりに訴えてくる。
 パワーポイントに大げさな構成図に細かいそれらしいチャートと導入スケジュールを
見せられたら、さもあらんと思ってしまうだろう。
ライセンスと作業代が、いくらいくらと饒舌に話をする。

例えで恐縮だが、
自家用車を購入しようとして、壊れたときのためにいっしょに代車を買ってれというような提案に近い。

いや、この例えは変かな。
むしろ...。
洗濯機に例えた方がよいかもしれない。
きちんと洗濯できるかどうか、「動作を確認するための洗濯機」に「プログラムを試すための
洗濯機」を追加して買えといわれているようなもの。

システムというのは、トラブルで停止すると業務に支障がでるから、テスト環境を用意することが多い。
さらに、開発環境なども準備して万全の態勢を敷くのだ。

普通の感覚なら、そんな提案をうけることはないだろうと思うかもしれない。
ところが、そうでもない。

業務に支障がでたら...。
担当者に専門知識がなければ、この脅しに屈して、契約するケースが非常に多いのも事実だ。
 しかし、この場合、洗濯機がとまったところで、どうってことはない。
もういちど、洗えばよいし、駄目なら手で洗う。
そういう業務なのだ。金融関係や航空会社のシステムではない。

結果、私から細かな指摘を受けて再度提案してもらうことになった。
私は、値切り倒すことはしないし、適正利益を取ってくれてかまわないと考えている。

でも、取り過ぎは駄目だと思う。
そして、そういう提案を持ってきた営業マンの信頼はマイナスだ。
評価をつけて、メンバーに流しておく。

売りつけようと心の中で考えてるセールスマンは駄目だ。
その時は良くても次がない。

« 発表者と参加者 | トップページ | 楽しいメニューはいかが? »

00 INBOX」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514829/58167490

この記事へのトラックバック一覧です: システムの提案は最低レベルから:

« 発表者と参加者 | トップページ | 楽しいメニューはいかが? »