« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月14日 (月)

ユニボール シグノ RT1を常用にする

ボールペンをジェットストリームからユニボール シグノRT1に乗り換えた。

ジェットストリームは書き味が良いのだが、2色タイプがないのが不満だ。
しかたがないので、仕事ではFRIXIONの3色カラー0.5を使っている。

FRIXIONは人気の消せるボールペンで手軽に消せるのでアイデア出しの時に重宝する。

しかしだ、両方とも「黒色」が黒くない。
どういうことかというと、私は「まっ黒」が好きなのだ。

年齢的に白内障や老眼の兆候が出てきているので、これらのボールペンの黒が
手帳に映えないのだ。

そんなときにふと手に取ったのが、シグノの0.38シリーズだ。
このシグノの黒インクは、とても黒々としていて、発色がよくて見やすい。

3つのボールペンを比べてみたらよくわかる。

ところが、シグノは、キャップが付いているので胸ポケットからサッと出して書き留めるという動作に向いていない。

そう思っていた。

すると、ノック式があることを知った。
これは便利だ。
ボールペンは断然ノック式が使いやすい。
それに、説明を見るとペン先が少し丸くなっていて、書くときの引っかかりが軽減されているとのこと。
確かに書き味がスムーズな気がする。

それで、ジェットストリームからユニボール シグノRT1に乗り換えた。

太陽が照りつけるなかで手帳に書き留めてもくっきりと目に映る。
消せないけれど、使いやすい。


2013年10月13日 (日)

電車の中ではスマホを見ないことにした

周囲を見回すと、5人のうち3人くらいはスマホを見ている。
スマホの普及率は凄いと思う。

いったい何を見てるんだろう。
何気なく右隣の人のスマホをのぞくと(というより目に入ってくる)
ぷよぷよというゲームをやっていた。
左隣の人は、LINEろうか。よく見えないがメールのやりとりをしているようだ。

かくいう私もスティーブ・ジョブスに敬意を表してiPhone 3GSを後生大事に使っている。
ニュースやインターネットなどの情報がてんこ盛り。
ついつい、ちょっと時間にのぞいてしまう。

品川駅には、スマホを見ながらの歩行にはご注意くださいとある。
確かに、歩きながらスマホを操作している人が多い。

危険だ。溝にでもはまったらどうなるんだろうと思う。

ところで、私は読書が趣味である。
その読書だがスマホを触り始めてからあきらかに量が減ってきた。
スマホの操作時間分だけ読書量が減った勘定になる。

情報は満載だが、どれが正しい情報なのかは自分自身で判断しなければならない。
スマホで見る情報は、フロー型が多い。
すべてが流れていく。だから、頭に残らない。

これではいかん。まずは、習慣を変えないといけない。
ということで、電車の中ではスマホは触らないことにした。
代わりに本を読もう。

2013年10月10日 (木)

BtoBを考える

私はウェブ解析士を集めて勉強会を開いています。
今年の2月から始めて4回の開催。5回目は大阪で開催する予定です。

ところで、いつもやってる勉強会。
ウェブ解析士のあなたなら、どんなテーマでお話しますか?
あなたのもつノウハウや知識を誰に、どのように伝えますか?
これがなかなか悩ましい。

毎回、各自の持つ経験値からいろいろなテーマで発表していただいています。
とにかく「なにか」を発表していただく。当人は自信がなくてもです。
でも聞く側にとってはけっこう刺激を受ける内容だったりします。

いままで自分が意識していなかった側面を刺激されるのでしょうね。
ウェブ解析のみの知識だけでは自分自身が向上できません。
さまざまな事例の経験やものの見方を吸収しないといけません。

そこで、5回目となる今回は、BtoB広告協会とコラボで勉強会を開催することにしました。
ウェブ解析というと、どうしてもB2Cの話題が中心となります。
このままではマンネリ化してしまうかもしれません。
新しい刺激を受け入れるために、あえて違う角度から勉強テーマを取り入れてみることにしました。

BtoB広告協会でも定期的にウェブセミナーというのを開催されています。
ちょうど、タイミングが合いました。
また、どうせなら、産業人クラブの方々にも声かけして集まっていただこうかと。
産業人クラブというのは、東大阪を拠点とした「もの作り企業」の集まりです。
ほとんどが中小企業のオーナーが会員です。

 いつもは名だたる企業の広報部門の方々等の事例発表が中心となるそうですが、
今回はウェブ解析士軍団?の話題を中心にしてプログラムを組みます。

さて、われわれはどのように勉強会を企画したら良いのでしょう?
BtoBをテーマに勉強会の仲間たちと発表内容やスタイル、切り口などを今から
決めていかなければなりません。
BtoB広告協会の会員は、そのほとんどが一部上場の企業です。
加えて中小企業のオーナーも参加するでしょう。
ほとんどの方々が、ウェブ解析の知識がありません。

今までと違う展開に、ちょっと、わくわくしてきました。
すべったらどうしよう!などと考えている余裕はありません。

「BtoB企業にとってのウェブ解析とは」をどのように伝えるか?

勉強会は12月5日(木)を予定してます。
協会のページでも告知させていただきます。
興味のある方はご参加ください。

◇「ウェブ解析士 提案の実践法則!」 http://www.kameikoji.jp ◇

楽しいメニューはいかが?

久しぶりのコラムです。
先日、家内と四国の金比羅山に出かけてきました。
江戸時代には、一度はこんぴらさんに参りたい。と人気があったようです。

大阪から車でゆっくり走って4時間ほど。
金比羅山(こんぴらさん)は、正式には金比羅宮といいます。

香川県の琴平。地図で言うと、本州の岡山から瀬戸内海をまたぐ瀬戸大橋を
渡ったところにあります。階段の連続を登り切り本堂への参拝を済ませて
一汗かいた後は、近くのビジネスホテルへ。

香川県琴平といえば、有名なのが「うどん」。
町の至る所にうどん屋さんがあります。
どこも味自慢。コンビニよりうどん屋さんのほうが多いのではと思います。

さて、翌朝。
せっかくきたのだからと、朝食は早朝うどんをたべさせる店を探してうろうろ。

8時前に、琴平駅前の商店街アーケードの端にあるうどん屋に入りました。
店内は誰もお客はいません。お店の方はというと、どうみても80歳はいってる
だろうという女性がテーブルを拭いていました。30人は入りそうなお店。
朝の5時間からおでんを煮ていて、これが10時まで無料だとか。
これ、うどんのモーニングサービスとか。信じられん。

黙っていてもお茶もでてこない。店内をよく見るとセルフサービスと書いてある。
そうか、うどん屋さんはセルフサービスがメインなんや。

と、思っていたらさっとお茶を出してくれた。
メニューをどうぞと薦めて、ぷいと店の奥に入っていってしまう。
店の奥はなにやらいそがしそうだ。

まあ、愛想のない店だなと、夫婦で目の会話をする。
じゃあとばかり、メニューを開いてみた。

どのページも大仰なメッセージで埋め尽くされているではないか。
「当店の人気ナンバーワン!○○○」とか、「やっぱり、これが人気の定番。」
「一度食べたら止められない。」「モチモチ感がたまらない。」
「大人気の○○」

おいおい、ここまで書くか。って感じ。
しかし、写真付きのメニューには嫌みがない。いかにもうまそうだ。
このエビの天ぷらってどうよ。やっぱり、ぶっかけ?

メニューをめくるのが楽しい。
どのページをめくっても、その店の人気メニューって書いてある!

そんなことありえん。が、そうかもしれないと心の中で思い始めた自分がいる。

しばらくして、老女がやってきた。
「何にしましょ?」
「何を選んだら良いのかわかりません。オススメはなんでしょうか?」
「それはねえ、あなたがお好きなものをお食べになったらよろし。」
「はあ、でも。いっぱいオススメがあるし。」
「なんでもありますから、あなたが食べたいと思ったものを食べられたら。」

そのとおりなんやけど。しかし、このメニューを見てしまったら迷ってしまうやん。
とか、思いながら、結局、
エビ天を奮発して「ぶっかけうどん」を食べることにした。

メニューを見なかったら、汁気たっぷりの釜揚げうどんを食べようとおもっていたのに。
結果は違った。なぜなんだろう?

メニューを見てしまったからだ。
どのページもランディングページになっていたメニュー。
まんまと高額商品に誘導されてしまった。美味しかったら許せるが。

商品の特徴を一手間かけて強調していたのが印象に残った。
私たちが関わるサイトも「うどん屋のメニュー」と変わらない。

一手間を惜しんでは、売上げはアップしない。

◇「ウェブ解析士 提案の実践法則!」 http://www.kameikoji.jp ◇

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »